政治

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「年末年始宴会『菅総理に反省なし』」

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 安倍前総理の年末年始は落ち着かなかったでしょうね。まあ、ゴーンさんの1年前よりはまだマシでしょうが、桜問題の追及で、冷え冷えな年越しだったのは間違いありません。

 そもそも政治家は、年末年始を落ち着いて過ごすことができません。国会が閉じるや、与党は翌年以降の税制改定について議論を始めます。それが終わると、地元に帰って有権者への挨拶回りがスタートしますが、忘年会は最低でも1日3件、多くて10件の集まり(最低2人、最高で約200人の会)に顔を出します。僕は議員時代、それこそ10件の忘年会をハシゴして返杯の数、およそ100。急性アルコール中毒でぶっ倒れ、救急車で運ばれましたが、無事だったおかげでこの原稿を書いています。

 先般問題になった菅総理の有名人「密」会もそのひとつです。銀座のステーキ屋で二階幹事長や王貞治、みのもんた、杉良太郎‥‥という8人ほどの面々で会食したとか。杉さんは二階幹事長のパーティーでよく余興を披露していますので「次回、パーティーではまた歌ってくださいよ」と、王さんやみのさんには「また司会をよろしく」という意味も込められていたのでしょうか。ちなみに、菅総理はお酒を飲めないので30分で退席、と報道にも出ておりましたが、同じくさほど飲まない安倍前総理とは違う残念な点がひとつ。お酒を飲めない代わりを担っていた、岸田さんのようなパートナーがいないこと。二階幹事長も会食ではせいぜい1杯しか飲まない派なのですから。

 そんなお酒が飲めない下戸の政治家たちは、ふるって消防団の年末警戒や地元の初詣に足を運びます。元日に鳥居の脇に立ち、自分の選挙ポスターを掲げてアピールをするわけですが、僕は恥ずかしさを押し殺してやりました‥‥。

 それと、僕はよく餅つきに参加しました。めかしこんだ一張羅のスーツが、飛び跳ねた餅でベタベタ。大事な一着がダメになったことは忘れられません。そうやって議員たちの年末年始は体力的には苦しく(聞くかぎりでは楽しく)終わっていきますので、休まる時はありません。

 とはいえ、今はコロナ禍です。大人数の忘年会は見送るようにというお達しがありますので、昼から少人数の会へ、ひっきりなしに顔を出す動きが主流となるでしょうね。

 そうそう。議員を辞職した翌年、それまで家族とゆっくり過ごせなかった宮崎家は思いっ切りクリスマスに贅沢してやろうと、東京の溜池山王にある「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」の個室を予約して食事を楽しみました。

 ふと、個室からホールに視線を向けると、大テーブルに白いマフラーを首にかけてダランと垂らしているゴッドファーザーを発見!!なんと、麻生副総理が15名ほどのブルジョワ団体の中心におり、黒光りするコートに白いマフラー姿で赤ワインをくるくると回していたのです。僕らが地元のスナックやおでん屋をはいずり回ってビールを飲んでいる間、麻生さんはオーパスワンなんてギャングな。うらやましい。

 菅総理の有名人「密」会、真摯に反省なんてしてませんよ。むしろ議員たちが羨望の目を向けることが(二階幹事長や菅総理を)増長させるんです。

宮崎謙介(みやざき・けんすけ):1981年生まれ、東京出身。早稲田大学を卒業後、日本生命などを経て、12年に衆議院議員に。16年に辞職し、経営コンサルタントや「サンデー・ジャポン」(TBS系)などに出演。「バラいろダンディ」(TOKYO MX)ではレギュラーMCを務める。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合