スポーツ

掛布雅之「阪神“育成&打撃ディレクター”就任!貧打の虎をオレはこう再建する!」(1)

20131031l

 厳しくも愛情あふれる提言をしてきた掛布雅之氏が、ついに阪神の指導者となる。肩書は「GM付育成&打撃ディレクター」で、秋季・春季キャンプでは臨時打撃コーチも担う。若虎を育てるとともに、コーチ陣へのアドバイスも求められる役割だ。掛布氏は今の阪神の「危機感のなさ」を危惧。来季に向けての大改革論を熱く語った!

「お前の力を貸してくれないか」

 10月15日、南信男阪神球団社長にそう言っていただき、阪神タイガースの臨時打撃コーチに就任することが決定しました。

 南社長は阪神のCSでのふがいない戦いぶりを見てとても悔しい思いをされているようでした。僕も阪神に育ててもらった身。「お手伝いができれば」と返事をさせていただきました。ただ、引き受ける以上は片手間でやるようなつもりはないということは、南社長にもはっきりと伝えました。

 僕の主な仕事は、阪神タイガースの秋季、春季臨時打撃コーチ、年間を通じ若手選手中心の育成と、コーチ陣に対するアドバイスを含めた相談役です。

 いろいろなマスコミに、引退から25年がたっての古巣復帰について書かれていますが、まだまだ実感が薄いのが僕の正直な気持ち。これから阪神をどのように変えていくのか、僕に何ができるのか、時間をかけてじっくりと考えていきたいと思っています。

 僕は阪神に対し、再三厳しい言葉を投げかけてきましたが、その目は臨時打撃コーチになっても変わりませんし、今後も変えるつもりはありません。そういった点も踏まえて、今回は今年の阪神の戦いを振り返りながら、弱点と改善方法を見つけていきたいと思っています。

 まずは今年の総評ですが今シーズンの阪神を勝ち負けで分ければ、はっきり言って負けチーム。勝ったチームは巨人と広島の2つだけ。セ・リーグ2位通過とはいえ、チーム状況は結果とは不釣り合いのお粗末なもの。その原因の一つにあげられるのが“危機感のなさ”です。これが如実に表れたのが広島とのCSです。

 ホームゲームでの格下との勝負にもかかわらず、阪神は集まったファンに対してあまりにも申し訳ない戦い方をやってしまいました。特に2戦目での桧山進次郎のホームランには、悪い意味で驚かされました。

 大事な初戦を落とし、さらに第2戦、2対7とリードされた、まさにあとがない場面。そんな絶体絶命の打席で、どうしてベンチは今シーズン限りで引退する桧山を起用するのか。僕はいまだに疑問でしかたがない。もし代打を立てるのならば、せめて来シーズンにつながる選手を選ぶべきです。あの試合は、決して桧山の引退試合ではありません。負ければCS敗退という正念場なのです。

 結果として桧山はホームランを打ちましたが、あのシーンで求められているのはホームランではなく得点につなげる、来季につながる選手のヒットなのです。しかもホームランのあと、野手陣はお決まりのポーズを披露しましたが、生きるか死ぬかの大一番でそんな余裕がどこにあるのか、阪神OBとしても信じられない光景でした。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】