芸能

霜降り明星、あの「神様作家」推薦動画に〈コメ欄は一行だね〉シャレた反応!

 小説家の星新一氏(1926年~1997年)と言えば、1968年に日本推理作家協会賞、98年には日本SF大賞特別賞など数々の受賞歴を持つ。400字詰め原稿用紙で、おおむね5~10枚程度で紡がれた小説の一ジャンルである、「ショートショート」の神様と称され、世に放ったショートショートの作品数は1000作を優に超える。どれも優れた作品だけに、読み始めるに際して、「お勧めは?」と問われると困ってしまうほどである…。

 そんな星氏に関して、お笑いコンビ・霜降り明星のYouTubeチャンネル〈しもふりチューブ〉の、1月19日に投稿〈ショートショートの神様?星新一で好きな作品は?【霜降り明星】〉で、霜降り明星の2人がお勧めの作品について語った。

「お笑い第7世代」と言われる若い2人だが、星氏の作品は好きだという。特に、粗品は小説も漫画も読まないタイプだが、星氏のショートショートは読んでいたと意外なコメント。

 せいやは、92年に放送されたオムニバステレビドラマ「世にも奇妙な物語」(フジテレビ系)で原作としても起用された「おーい、でてこーい」や「午後の恐竜」をお勧めとし、粗品は「処刑」をあらすじとともに挙げた。

 視聴者から〈春休みに星新一読もう思ってたけど 何から読めばいいか分からんかったから ありがたいわ〉といった感謝のコメントや、〈このコメ欄は一行送ればいいってことやな〉といったしゃれたコメントも見受けられた。

 星氏は、地球が破壊される作品を多数発表していることから、寓意性を含みつつ、作品中もっとも人を殺めている作家とも言われている。

 星氏が他界したことで下火になりつつあるショートショート界だが、霜降り明星のこの動画がきっかけで、若者の間でブームが再燃するかも!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】