芸能

キンコン西野、吉本退社“大騒動”は「炎上エンターテイメント」か!?

 西野らしい“最後の演出”とでも言うべきか。キングコングの西野亮廣が、吉本興業を退社することが明らかになった。

 きっかけは、西野と吉本の連絡をめぐるささいなトラブル。西野が吉本の担当者の仕事ぶりにブチ切れ、そのやり取りをツイッターで公表するなどしたのである。

「トラブル自体は、退社云々の話になるほどの内容ではなかったのですが、西野にとっては吉本を辞めるちょうどいい機会だったのかもしれません。西野は報道陣の取材などには“円満退社”を強調していましたが、もっと早く辞めても不思議じゃなかったほど、マネージャーが頻繁に変わることなど、現状に不満があったようです。ただ、『映画 えんとつ町のプぺル』が終わるまでは決裂するわけにはいかなかった面もあるのでは。その映画ビジネスもひと段落で、もうこれ以上、吉本の利用価値はないと判断したのでは」(吉本興業関係者)

 実際、映画で何年も先まで仕事の予定が詰まっていた制作会社「スタジオ4℃」を起用できたのも、東宝の配給で全国公開という座組を組めたのも、吉本興業の後ろ盾がなければできなかったこと。映画の製作クレジットも株式会社NISHINOではなく、吉本興業になっている。また、あれだけテレビに限界を感じているような発言をしていたにもかかわらず、宣伝のためにテレビCMを打ち、吉本パワーでテレビやラジオに出まくっていたことも御存じの通り。

「最近はみずから炎上を仕掛けているフシもありましたね。評論家の岡田斗司夫氏の『プぺル』ダメ出しに過敏とも思えるほど痛烈に反応する様子を見せていました。もっとも、これに関してはネット民に見透かされていた面もあるのか、それほど話題になりませんでしたが」(前出・吉本関係者)

 そんな西野は今後、「プペル」を海外に売り込みつつ、プロデューサー的立ち位置で新しいプロジェクトを立ち上げることになる。西野が運営するオンラインサロンは会費だけで年間8億4000万円の収入があるとも言われ、新しいビジネスをぶち上げるたびにクラウドファンディングで資金を投入してくれる“信者”と呼ばれるサロンメンバーがいれば食べるには困らない。また、映画以外にも吉本と作ったクラファンなどのビジネスがあり、縁が完全に切れるわけではないとの見方もある。

 今回の退社騒動は、西野が信者向けに仕掛けた壮大な“炎上エンターテイメント”ということのようだ。西野の次の一手が注目されれる。

(松本大祐)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
3
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!