芸能

キンコン西野、吉本退社“大騒動”は「炎上エンターテイメント」か!?

 西野らしい“最後の演出”とでも言うべきか。キングコングの西野亮廣が、吉本興業を退社することが明らかになった。

 きっかけは、西野と吉本の連絡をめぐるささいなトラブル。西野が吉本の担当者の仕事ぶりにブチ切れ、そのやり取りをツイッターで公表するなどしたのである。

「トラブル自体は、退社云々の話になるほどの内容ではなかったのですが、西野にとっては吉本を辞めるちょうどいい機会だったのかもしれません。西野は報道陣の取材などには“円満退社”を強調していましたが、もっと早く辞めても不思議じゃなかったほど、マネージャーが頻繁に変わることなど、現状に不満があったようです。ただ、『映画 えんとつ町のプぺル』が終わるまでは決裂するわけにはいかなかった面もあるのでは。その映画ビジネスもひと段落で、もうこれ以上、吉本の利用価値はないと判断したのでは」(吉本興業関係者)

 実際、映画で何年も先まで仕事の予定が詰まっていた制作会社「スタジオ4℃」を起用できたのも、東宝の配給で全国公開という座組を組めたのも、吉本興業の後ろ盾がなければできなかったこと。映画の製作クレジットも株式会社NISHINOではなく、吉本興業になっている。また、あれだけテレビに限界を感じているような発言をしていたにもかかわらず、宣伝のためにテレビCMを打ち、吉本パワーでテレビやラジオに出まくっていたことも御存じの通り。

「最近はみずから炎上を仕掛けているフシもありましたね。評論家の岡田斗司夫氏の『プぺル』ダメ出しに過敏とも思えるほど痛烈に反応する様子を見せていました。もっとも、これに関してはネット民に見透かされていた面もあるのか、それほど話題になりませんでしたが」(前出・吉本関係者)

 そんな西野は今後、「プペル」を海外に売り込みつつ、プロデューサー的立ち位置で新しいプロジェクトを立ち上げることになる。西野が運営するオンラインサロンは会費だけで年間8億4000万円の収入があるとも言われ、新しいビジネスをぶち上げるたびにクラウドファンディングで資金を投入してくれる“信者”と呼ばれるサロンメンバーがいれば食べるには困らない。また、映画以外にも吉本と作ったクラファンなどのビジネスがあり、縁が完全に切れるわけではないとの見方もある。

 今回の退社騒動は、西野が信者向けに仕掛けた壮大な“炎上エンターテイメント”ということのようだ。西野の次の一手が注目されれる。

(松本大祐)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
鬼束ちひろ、逮捕で注目された「“豊かなバスト見え”誕生日会の動画」に称賛!