社会

「婚活サギ女」木嶋佳苗は小学校で性に目覚めた

「性の奥義を極めたいと思った」「本来持っている機能が普通の女性より高い」などまさかの「名器」発言で1審では法廷を桃色に染めた婚活サギ事件の木嶋佳苗被告(38)が、17日東京高裁の控訴審の法廷に登場した。

「スポーツ紙が『パジャマ出廷』と見出しを打った赤地に白の水玉ワンピース姿。前回のさいたま地裁とは格式の違う高裁だったからか、伏目がちに裁判官に『木嶋佳苗です』と小声で応えるなど緊張した様子でした」(社会部デスク)

 しかし、その反面、一部女性誌には「高校時代から常に複数の男性と交際している」など過去の男性遍歴を綴った手記を公開するなど自信たっぷり。世間の「なぜあの女が男たちを次々と篭絡することができたのか?」という疑惑はますます深まる一方なのだ。

「実際に小学生時代からキジカナは男を手玉に取っていた」と木嶋被告を当時の愛称で語るのは北海道・別海町の同級生だ。

「小学校時代からお菓子作りが上手で料理クラブにも入っていた。バレンタインのチョコも作ったが、キジカナが渡す相手は“絶対にこの人はない″というキモメン。本人も好きで上げたというより楽しんでいる感じだった」

 モテない男を狙い撃ちにする恋愛術は小学校時代からの木嶋被告の十八番だったという。そして性の萌芽については、

「6年のときにキジカナが『大学生の従兄弟のお兄ちゃんと大人の遊びをした』と言い出した。詳しく聞くと、『勉強机に座っている従兄弟のアソコを舐めてあげたの』ってナイショで教えてくれたんです。後でキジカナに従兄弟の大学生なんていないのが分かって、実際は近所のレンタルビデオ店の20歳くらいのオタクっぽい人が初体験の相手だった。だからエッチなビデオも見放題だったみたい」

 早熟なアダルトビデオ鑑賞が、稀代の毒婦の“女の器”を磨き上げたのかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
2
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
3
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
4
人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(2)岡副麻希の番組衣裳が…
5
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?