社会

小泉純一郎が画策する「脱原発新党」(1)再び炸裂する“小泉節”

20131031z

 隠居した元総理が叫ぶ「脱原発宣言」は、もはや“ヒマな老人の暴走”では片づけられなくなっている。水面下では、かつて後継指名した愛弟子が作った内閣を「叩き潰すつもりなのでは‥‥」とささやかれ始めたのだ。永田町に激震が走る仰天シナリオを以下──。

「私なりに勉強した結果、日本は『原発ゼロ』で十分に経済成長できる。日本企業にはその力があるし、国民の協力度合いも強い。政府は『原発ゼロ』の方向を打ち出すべきだ!」

 10月16日、千葉県の木更津市民会館で行われた講演会で、小泉純一郎元総理(71)は再び「脱原発論」をブッたのだ。

 このところの小泉氏は盛んに「原発ゼロ」を唱えている。政界引退後、経団連が立ち上げたシンクタンク顧問の職に就き、公式的な場での発言が減っていた小泉氏だったが、9月24日に都内で、10月1日には岐阜県で、小泉氏は講演会の講師として招かれ、同様の提言を開始した。

 小泉氏が繰り返す「脱原発のススメ」は首尾一貫している。今年8月のフィンランド視察がきっかけだ。

「オンカロ」と呼ばれる核燃料の最終処分場に赴いた小泉氏は、「放射能の危険は消えるまで10万年単位の時間がかかる」と実感したという。

 木更津での講演でもこう説いている。

「高レベル放射性廃棄物の処分場がない。『核のゴミ』の捨て場所もないのに、原発を再稼働させれば、ゴミはドンドン増えていく」

 つまり、原発を稼働し続けることは、「トイレのないマンション」を建て続けているに等しいという理論を展開しているのだ。

 さらに、今回の講演では小泉氏の主張に新たな点があった。「原発推進派」が主張する、原発停止中の火力発電により燃料費高騰で経済が大きなダメージを受けている、ということに対しても、冒頭のように反論してみせたのだ。

 政治部記者がこう話す。

「今回の木更津の講演が過去の講演と違うのは、初めてテレビカメラを会場内に入れたことです。小泉氏はメディアを使って、自分の主張を多くの国民に伝えようとしているのは間違いないでしょう」

 そして、小泉氏にとって、テレビカメラを入れてまで主張すべきことが他にもあった。今回の講演では、息子である衆院議員の小泉進次郎復興政務官(32)に触れ、息子の政治活動には関与していないことを明言。原発再稼働に慎重な立場の進次郎氏との連携はないことを明かした。さらに、こんなことを語っている。

「私は政治家を引退したし、これから二度と国会議員に返り咲くつもりもない。『脱原発新党』は毛頭、考えていない」

 突如、飛び出した「脱原発新党」なる文言。前出・政治部記者はこう解説する。

「『脱原発宣言』が取りざたされた当初こそ、小泉氏の暴走、いわば放言ぐらいにしか受け止めていなかった永田町の現役議員たちでしたが、繰り返し『原発ゼロ』を提言する姿を見て、いよいよ『脱原発』『反自民』を結集させて、新党を結成。安倍政権をブッ潰す気なのではないかとささやかれ始めたのです」

 そのため、「毛頭」という言葉を使い、小泉氏は躍起になって否定せざるをえなくなった。しかし、それは「脱原発新党」構想のシナリオが、それだけ現実味を帯びてきていることの証左とも言える。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」