社会

オヤジたちよ、50歳を過ぎたら「肛門」を信用するな!(1)あのノムさんも油断してしまい……

20131031w

 50歳を過ぎれば、とかくユルくなるのは涙腺と肛門である。飲み過ぎた翌日、放屁のつもりでつい力んで、思わず便を漏らした経験はないだろうか。シモのトラブルは人に相談もできず、悩みを抱えたままでいることも多い。しかし、放っておけば生命に関わるトラブルにもつながるという。

 創設9年目にリーグ初優勝を成し遂げた楽天。この栄光は前監督・野村克也氏(78)の功績が大きい。彼が監督時代に起こした“黄金伝説”を、あるスポーツ誌記者が振り返る。

「07年5月23日の対ヤクルト戦、同点で迎えた10回裏に、楽天がサヨナラ勝ちをしました。その瞬間、喜びと同時に野村さんが便も爆発させてしまったのです」

 野村氏はユニホームのズボンの後ろを黄色く染めながら、試合後、

「ワシも年やの~。体がいうことをきかなくなったわ」

 と、照れ笑いをした。当時、野村氏は72歳だが、なぜ年を取ると便漏れを起こすのか──西新井大腸肛門科の医師・久保田至理事長が、そのメカニズムを解説する。

「肛門を動かす筋肉は内括約筋と外括約筋の2つがあります。内側の筋肉は付随筋なので自分の意思で締められません。便を排泄する時は、内括約筋も外括約筋も弛緩しないとできません。便が漏れるのは、これらの内括約筋と外括約筋の協調運動がうまくいかないのに起因すると考えられます」

 便漏れは筋力の衰える高齢者だけに起こりうるトラブルではないという。

「若い人から80代まで、広い年代で悩みを抱えている人がいます。括約筋を緩めないと大便は排泄できませんが、若年層でも神経の問題で筋肉にうまく伝達できない人もいます。誰でも年を取れば我慢できずに漏れてしまう。私も飲み過ぎてなる時がありますよ(笑)」(前出・久保田理事長)

 月に1回くらいの便漏れは心配しなくてもいいと言われているが、頻度が多い時には、医者に行くことが重要だという。現在では、バイオフィードバック療法という、外括約筋を鍛える方法で便漏れをなるべくなくす方法があるという。

「本当に(肛門が)締められているかどうかは、診察しないとわかりません。自分では締まっていると思っていても締まっていない人がいますので、自己判断をしないことです。バイオフィードバック療法は、肛門に風船のようなものを入れて、力が入るとランプなどが点灯する装置です。力を緩めるとランプが消える。自宅ででき、肛門の締め方を訓練します」(前出・久保田理事長)

 しかし、肛門にはまだまだトラブルが潜んでいた。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」