社会

オヤジたちよ、50歳を過ぎたら「肛門」を信用するな!(1)あのノムさんも油断してしまい……

20131031w

 50歳を過ぎれば、とかくユルくなるのは涙腺と肛門である。飲み過ぎた翌日、放屁のつもりでつい力んで、思わず便を漏らした経験はないだろうか。シモのトラブルは人に相談もできず、悩みを抱えたままでいることも多い。しかし、放っておけば生命に関わるトラブルにもつながるという。

 創設9年目にリーグ初優勝を成し遂げた楽天。この栄光は前監督・野村克也氏(78)の功績が大きい。彼が監督時代に起こした“黄金伝説”を、あるスポーツ誌記者が振り返る。

「07年5月23日の対ヤクルト戦、同点で迎えた10回裏に、楽天がサヨナラ勝ちをしました。その瞬間、喜びと同時に野村さんが便も爆発させてしまったのです」

 野村氏はユニホームのズボンの後ろを黄色く染めながら、試合後、

「ワシも年やの~。体がいうことをきかなくなったわ」

 と、照れ笑いをした。当時、野村氏は72歳だが、なぜ年を取ると便漏れを起こすのか──西新井大腸肛門科の医師・久保田至理事長が、そのメカニズムを解説する。

「肛門を動かす筋肉は内括約筋と外括約筋の2つがあります。内側の筋肉は付随筋なので自分の意思で締められません。便を排泄する時は、内括約筋も外括約筋も弛緩しないとできません。便が漏れるのは、これらの内括約筋と外括約筋の協調運動がうまくいかないのに起因すると考えられます」

 便漏れは筋力の衰える高齢者だけに起こりうるトラブルではないという。

「若い人から80代まで、広い年代で悩みを抱えている人がいます。括約筋を緩めないと大便は排泄できませんが、若年層でも神経の問題で筋肉にうまく伝達できない人もいます。誰でも年を取れば我慢できずに漏れてしまう。私も飲み過ぎてなる時がありますよ(笑)」(前出・久保田理事長)

 月に1回くらいの便漏れは心配しなくてもいいと言われているが、頻度が多い時には、医者に行くことが重要だという。現在では、バイオフィードバック療法という、外括約筋を鍛える方法で便漏れをなるべくなくす方法があるという。

「本当に(肛門が)締められているかどうかは、診察しないとわかりません。自分では締まっていると思っていても締まっていない人がいますので、自己判断をしないことです。バイオフィードバック療法は、肛門に風船のようなものを入れて、力が入るとランプなどが点灯する装置です。力を緩めるとランプが消える。自宅ででき、肛門の締め方を訓練します」(前出・久保田理事長)

 しかし、肛門にはまだまだトラブルが潜んでいた。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
ついに完熟の極みに!深田恭子 カレンダー写真で明らかになったボディの変化