芸能

田中みな実VS鷲見玲奈「艶女王」7番勝負(4)さんまの「寵愛」の行方は?

 いよいよ終盤は「【6】スタッフ受け」が勝負どころとなるが、ここでも大差がついた。勝ったのは、ハングリー精神旺盛な鷲見だ。番組スタッフが証言する。

「鷲見は仕事欲しさもあってか、スタッフへの気配りがすさまじい。ここまで徹底しているタレントは見たことがありません。昨年、ある番組の打ち合わせ中、制作スタッフの手にかすり傷を見つけた彼女は、わざわざカバンから絆創膏を持ってきて、スタッフに絆創膏を貼ってあげていたんです。それ以降、『絆創膏サービス』と言われて語り草になっています」

 常に周囲へのアピールを忘れない鷲見がここにきて番組出演を増やしているのも、こうしたスタッフ受けがあるからにほかならない。

「ありとあらゆる番組の関係者に『いつも楽しみに見てます!』と言っている。一部のスタッフからは『どれだけテレビ漬けの生活を送っているんだ』と陰で皮肉られているほどですよ」(番組スタッフ)

 ところが番組スタッフに対する田中のスタンスは、鷲見とまったく対照的なようで──。

 キー局ディレクターが嘆いてみせる。

「田中は番組の進行や編集について率直に不満をぶつけてくる、スタッフ泣かせのタレント。良く言えば『プロ意識が高い』ということなのでしょうが、気の弱いスタッフだと、彼女の番組を担当するだけでノイローゼになる場合もある。決してウケは良くないですよ」

 田中の圧勝かと思いきや、ここまでイーブンの3勝3敗。ラストは、男を誘惑する究極の「【7】アソコ対決」だ。芸能関係者が言う。

「『大河ドラマ出演』が宿願の田中にとって、NHKに嫌われかねないスキャンダルは禁物。当面『オトコ断ち』を続けるのではないでしょうか」

 一方の鷲見は翼を広げており、「超大物芸能人」との親密説も飛び交っている。

「彼女をいたく気に入っていて芸能活動の後ろ盾となっているのが、明石家さんま(65)。『トークにメリハリがある』『面白いし可愛い』と大絶賛しています。自身の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に呼ぶだけでなく、別番組の関係者にも『もっと彼女を使ってあげて』と宣伝まで買って出ている。あまりの寵愛ぶりに『熱愛に発展してもおかしくない』との声すら出ているぐらいです」(キー局ディレクター)

 なんと、女優転身に邁進する田中を差し置き、鷲見が4勝3敗で破る金星を挙げる結果となったのだ。

 しかし、

「鷲見もウカウカしていられませんよ」

 と語る春山氏は、思わぬ伏兵の登場を示唆する。

「今年、フリーアナ界で台風の目となりそうなのが、中京テレビ出身の市野瀬瞳(36)。彼女はバラエティー適性が抜群な上、鷲見と同様に『NGナシ』。今後、鷲見にとって大きな脅威となるでしょうね」

「フリーアナ戦国時代」はまだ終わりそうにない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び