芸能

千鳥・ノブ「セクシャル・ハラスメント大王」の仰天余罪ってなんなん?(3)意外に女性からのウケがいい

 それにしても、なぜノブのこれの所業は野放しにされるのか。

「実はテレビ局の中には千鳥シンパが少なくないんです。元々、彼らは大阪でブレイクして、12年に満を持して上京。すぐにブレイクするかと思いきや、コテコテの関西ノリのオラオラ芸風が、あまりウケなかった。そこであっさり路線を変更して、関東の大物芸人にこびる太鼓持ちキャラに変身。同時に、番組スタッフにも腰を低くして接したことでブレイクした、苦労人なんです。当時、ADを務めていたスタッフが、今では立派なディレクターになっているケースも少なくない。そして彼らが番組に起用すると、アッという間に人気者に。セクハラキャラも結局、カメラが回らないところでノブが女優本人に詫びを入れるので、全てオンエアされてしまうそうです(笑)」(芸能関係者)

 さらに、豪放磊落な大悟とは対照的なキャラクターも、意外に女性ウケしていると評判なのだ。

「最近ではあえて女性ウケを狙って、ファッションや美容に力を入れ始めました。特に美容には数百万円の投資をしていて、ワキ毛以外の全身脱毛や、シミ取りのために足しげくクリニックに通っているそうです」(芸能関係者)

 まさに「セクハラ大王」は芸能界屈指の「気配り大王」でもあったというが、

「実際、有村や中条あやみなど、ノブ好きを公言する女優は少なくない。人畜無害なキャラクターなので、ファンからの怒りを買うこともなく、当分はおとがめを受けることはなさそうです」(芸能関係者)

 まさに、女優陣を総ナメ状態のノブ。より大胆なセクハラぶりを発揮してもらいたいものだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
4
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
5
平手友梨奈が「秘所責め悶絶」で極める女優道(2)「CM現場でのドタキャン騒動」