芸能

真木よう子「ユサユサ“バスト”」フル回転(2)映画・写真集で見せた大胆姿

 真木は初主演映画「ベロニカは死ぬことにした」(06年公開)で体当たりのシーンに挑んだことで話題となった。撮影時は23歳。真木演じる自死を図った美しい少女・トワが自然に囲まれたサナトリウムで患者と触れ合う中、生への渇望を抱いていくストーリーだ。そこで、真木は韓国人俳優のイ・ワンを目の前にして、薄暗い室内で自慰行為に耽る鮮烈なシーンを演じている。

「自ら服を脱ぎ捨て、張りのある爆乳を投げ出した真木がじっとり汗ばみながら、激しく喘ぎ、頂点に達するのです。この作品での熱演により、真木は大胆な濡れ場も辞さない女優魂を持った一流俳優、という印象を世間に与えることができました」(芸能記者)

 翌07年に発売した写真集「月刊真木よう子」でも、セミヌードの官能的な肢体を思う存分に披露。水着や下着姿で惜しげもなく胸の谷間や、妄想を搔き立てるエロショット満載のこの写真集は、真木の存在感を世の中に知らしめた鮮烈な一冊となっている。

「真木自身は、必要以上にセクシーなイメージがつくことを恐れて、その後は極上ボディを封印してしまいました」(映画関係者)

 くしくも08年には、俳優の片山怜雄(38)と結婚。翌年には出産するなど、仕事よりも子育てを優先する生活を過ごしていた。そんな彼女を放っておくわけがない。7年ぶりに単独主演を務めた映画「さよなら渓谷」(13年公開)では、満を持して、抜群のプロポーションを披露したのだ。

「真木の濃厚なベッドシーンが話題をさらいました。大西信満(45)の内縁の妻を演じる真木のくんずほぐれつのセックスシーンはやたら生々しい。上になったり下になったりしながら、感情豊かに激しく咆哮していて、その本気ぶりには圧倒されます。真木のバックショットが映り、着替えるシーンはほぼ全裸。無駄な贅肉のない華奢な背中とともに、ボリュームのある横乳がはみ出ている。ダイナマイトボディを思う存分、堪能できる作品となっていますよ」(映画ライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ