スポーツ

楽天田中将大と嶋基宏「黄金コンビ」苦闘7年物語(10)WBCとヤンキース黒田の著書で学んだ“投球術”

20131107k

 振り返れば、シーズン当初は、決して好調の時ばかりではなかった。それを救ったのは、嶋の攻守にわたるサポートがあったからに他ならない。

 開幕初戦となった4月2日の対オリックス戦、7回を投げ2失点で勝利した。

「カーブを覚えてきたと相手(打者)に意識させれば十分」

 と言った田中。直前の第3回WBCの時に、「メジャーでは縦に落ちるカーブが効果がある」と言われて身につけたカーブを多投したものだった。これは以前から佐藤義則投手コーチに「カーブが投げられないと勝てない」とアドバイスされていたことを確実に体現できた瞬間でもあった。一方、嶋もまたこの試合で田中を後方支援している。リード面では、カーブを多めに要求。打撃でも3安打4打点の活躍で内助の功を見せた。続く9日の対日本ハム戦の登板でも、田中は7回を1失点に抑える力投。嶋も先制のスリーランホームランを放ち、大きく勝利に貢献したのだった。交流戦が始まる5月14日までに田中は5勝をあげ、嶋はそのうち4試合で打点をあげて田中をバックアップしている。

 シーズン序盤、不安定な投球が続く田中を救う打撃を見せ、信頼を得た嶋は、田中の“オン”と“オフ”の違いに最初から気づいていた。

「アイツは走者を得点圏に置くとスイッチが入る。そうなると内角を積極的にいっても大丈夫。危険を感じた時は、わざとボールにしてくれる」

 と、田中の投球技術を評価した。“走者を置いた時の豹変ぶり”こそが、開幕25連勝につながる大きな要因となったことは間違いない。

 実は、田中はWBC期間中に、何気なくヤンキースの黒田博樹が著した「クオリティピッチング」(KKベストセラーズ)を手に取った。そこに書かれていたのは、メジャー選手の心構えだった。「メジャーで必要なことは勝ち星ではなく、負けないこと」「先発投手は1年間ローテーションを守り、6回までキチンとゲームを作り、200イニング以上投げること」とつづられていた。「メンタルはマウンド上でコントロールできる」という点についても共感し、それを実践しようと心がけるようになっていったのだ。

◆スポーツライター 永谷 脩

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
芸能界イチの小顔・乃木坂46齋藤飛鳥の告白でプロ意識を称賛する声が殺到
3
美女アナ「空前の世代交代」戦略をスッパ抜く(1)TBS・江藤愛のポストに座るのは?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
コンビ降板がかかった「バス旅Z」が成功!「運命を分けたポイント」は!?