芸能

さくらまや 今後は演歌だけでなくポップスやアニソンも歌いたい

テリー それって何なの。おもしろい性格だよね。

さくら そうなんですかね。私は日々、楽を追求して生きているんですよ。アクティブに動いて疲れたり、体力を減らしたりせずに生きることを考えているので、あんまり外には出ないんです。男性と出かけたりするのが、もうすでに面倒くさいんですよ。

テリー ふーん。まだ若いのに年寄り臭いなぁ。大学は共学なんでしょ。

さくら はい。

テリー でも、好きな人はできないんだ。

さくら そうですね。今は4年なので、ずっと卒論を書いてたり、それなりに忙しかったですし。

テリー 卒論のテーマは何だったの?

さくら 15年に国連サミットで採択された「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」っていう17の目標があるんです。例えば「貧困をなくそう」とか「ジェンダー平等の実現」とか。私は法学部なので、その中の女性差別について、法律の面から見て書きました。

テリー へぇ、難しそうだなぁ。それだけで、片手間じゃなく、真剣に大学に行ってたことがわかるよ。大学院って選択肢はなかった?

さくら それがですね、ある先生に勧められて、たぶん事務所がそのまま続いていたら大学院に進んでたと思います。でも、今はコロナ禍ですし、自分で事務所を立ち上げたばかりなので、両立は厳しいかなって。まずはこのコロナが収まって、営業もできるようになって、仕事が軌道に乗るようになったら、大学にもう2年行くかどうか考えてみようかなと思ってます。

テリー 確かに勉強は2、3年後でもできるけど、事務所のスタッフを抱えて、さくらまやという名前で船出したばかりだから、まずはそれを軌道に乗せないとね。しっかり自立してて、すごいなぁ。

さくら いやいやいや。自立は全然できてないんですよ。事務所も家族みんなに手伝ってもらってますし。

テリー いや、でも、その家族の大黒柱でもあるんだから、ますます頑張らないとね。これからはどんな目標があるの?

さくら 今まで歌手を10年ぐらい続けてきて、もちろん皆さんに楽しんでもらうことが第一なんですけど、自分が生きていくために歌ってきたっていう部分も大きかったですね。

テリー それはみんなそうだよ。

さくら でも、これからはボランティアとまでは言わないですけど、日本やこの国に住んでる方々のためにできることを探していけたらなと思ってます。もう10年間、ほんとにただ事務所にぶら下がって生きてきてしまったので。

テリー そんなことないと思うけどな。

さくら あとは今まで事務所の方針もあって、演歌しか歌ってこなかったので、他のジャンルにもチャレンジしてみたいなと思ってます。日本のポップスとかアニメソングもいいですし、外国の方の曲も歌ってみたいなっていう気持ちはけっこうあります。

テリー あ、それはいいなぁ。今回の「不安げ」はパロディだったでしょ。俺、あれ聞いて金沢明子さんの「イエロー・サブマリン音頭」を思い出したの。ビートルズの曲を音頭にして、大ヒットしたんだけどさ。知らないよね。

さくら 聴いてみます。

テリー だから「あ、さくらまやって、こういうスッとぼけたこともやるんだな」って認識してもらうと、作戦としておもしろいかな。ぜひ「不安げ」の第三弾、第四弾も作ってよ。

さくら そうですね。皆さんに楽しんでいただけることが第一なので。いろんなことにチャレンジしながら、それも極めてみたいと思います。

◆テリーからひと言

 最近はおもしろい演歌を歌う人がいないから、アレンジ演歌、いいと思うけどなぁ。どんどん生み出して、新しいジャンルを開拓してよ。あと恋もするんだぞ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”