女子アナ

ネタ切れ?岡副麻希、ミニで美脚披露もツッコミが出た「女子アナ」肩書の限界

 フリーアナウンサーの岡副麻希が3月12日、インスタグラムを更新。その投稿内容が、様々な意味で反響を呼んでいる。

 岡副は「今週もお疲れさまでした」とし、「大学一年生のとき履いてたミニ丈スカートが出てきたので久しぶりに履いてみました 最近ロング丈ばかりだったのでそわそわ」「寒がりな私でもムートン以外を履ける季節 とてもうれしいいい」と綴り、ミニ丈スカート&ロングブーツ姿を披露している。

「すらりと伸びた美脚にフォロワーは絶賛。《スタイル抜群ですね!》《ミニ丈スカートいいですねー。ドキドキ》《デートしたいです!》などといった声が続出していましたね。大学一年ということは、約10年前に穿いていたものということ。30歳も近くなり、当時からまったく体型が変わらないのはさすがです」(ネットウオッチャー)

 とはいえ、一方で今回の投稿にはブーイングの声もとにかく多い。《ただ褒められたいだけの唐突すぎる投稿内容》《無理にネタを探しているような気がする。別に報告することでもない気がする》《そんな報告より、もう少しアナウンサーらしい仕事が見たい》などといった、厳しい指摘だ。

「かつては主に『めざましどうようび』(フジテレビ)などで“黒すぎる女子アナ”として一躍人気者になりましたが、昨年3月に卒業してからは存在感が徐々に薄れ始め、現在、テレビでのアナウンサーらしい仕事といえば、テレ東のモータースポーツ番組のリポーターのみ。昨年6月に開設したYouTubeチャンネルも長続きせず現在の更新はまれで、インスタでも披露していた自慢の軟体ぶりもやり尽くした感があります。その軟体は、同年10月に出したフォトブック『おりたたみおかぞえさん』でも存分に披露していますが、もはやビジュアルでしか攻められないのが、アナウンサーとして痛いところですね」(芸能ライター)

 もはやセント・フォースを出て、アナウンサーの肩書を外した方が活動しやすいのかも。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」