エンタメ

「雪男の正体」は古代ホッキョクグマだった!(2)封じられてきた否定派の意見

 一気にその存在が認知されたイエティだが、一時はそんな狂騒に踊らされつつも、しだいに霊長類説否定派となっていった研究家は少なくない。「イエティ─ヒマラヤ最後の謎“雪男”の真実」(山と渓谷社刊)を上梓した、登山家でルポライターの根深誠氏もその一人だ。

 イエティなる生物の存在を知った根深氏は、1973年以来、40年にわたってヒマラヤを訪れ、ネパール、シッキム、ブータン、チベットなど十数カ所、延べ100回以上の現地調査を続けてきた。「何か新しい生物が潜んでるんじゃないか」と、当初は意気込んで向かった根深氏だったが、現地に残る伝承や現存物、目撃証言などを収集し続け、導き出したのは「イエティとはチベットヒグマである」という結論だった。

 根深氏に話を聞くと、

「とにかくヒマラヤは広いんです。なので我々が“イエティ”と呼んでいるのは総称で、ブータンではメギュ、チベットではティモなど、各地で呼び方はさまざまです。そんな現地の方々に“イエティ”なる生き物を聞いたところ、一貫して指さすのは、チベットヒグマでした」

 では、どうして我々はイエティ=霊長類と思い込んでしまったのか。疑問をぶつけると、

「それは一種のマインドコントロールですよ」

 と、一笑に付した。

「イエティと聞いて、体中を毛に覆われたゴリラのような生物を思い起こす人が多いと思いますが、これはあくまでもイギリスの登山隊がばらまいたイエティの想像図にすぎません。そもそも、エリック・シプトンのイエティの足跡写真は、ねつ造説が指摘されていますし、恐らくでっちあげでしょう」

 確かに、エリック・シプトンの写真発表を受けて、各国でイエティ調査隊が結成され、調査費用を提供するスポンサーも続出したという。

 加えて、イエティ=霊長類説を否定する学術的な結果も、実はこれまでに数多く発表されているのだと根深氏は言う。

「海外はもちろん、日本でも“イエティはチベットヒグマだ”という研究結果が発表されているんですよ。でも、誰も信じないんです。虚実の虚のほうが膨らみすぎてしまったんですね」

 だからこそ根深氏は、先日のCNNの報道を「興味深い」と語る。

「このチベットヒグマのDNAが、古代のホッキョクグマのDNAと一致するということでしょうか‥‥」

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上