芸能

太川陽介がバス旅で衝撃告白した「ウソをつく理由」と「怒ったマドンナ」とは

 3月24日の「水バラ」(テレビ東京系)で、昨年11月に放送された「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅6 ~信州縦断!紅葉の旅~」を振り返るスペシャルが放送された。太川陽介と村井美樹、AKB48の横山由依、ももいろクローバーZの高城れにがスタジオで旅を振り返り、トークが展開。未公開映像に加えて視聴者からの質問に答え、ファンには嬉しい内容になった。

 その中で太川が衝撃の告白を2つも行い、驚きの声が上がっている。

 1つ目は「ウソをつく理由」。太川は相手チームリーダーの村井に対して、今の場所やタクシーをどれだけ利用したのか平気でウソをつくことがあり、視聴者から「太川さんはなぜウソをつくんですか」と質問が寄せられた。太川の答えは「ウソをつくのが好きだからです」。もちろんこれは冗談で、本当は「勝ちたいからです。ウソをついても勝ちたい」と答えている。

「相手をあざむく話術は勝敗の鍵を握る重要な要素ですから、太川としては勝つためにどんどん使っていきたいでしょう。相手チームのリーダーである村井は太川のウソを信じて自滅しかけることもあります。もっともせっかくウソでリードしても、最近は太川自身のミスでフイにしてしまうこともしばしばなのが難点ですが(笑)」(テレビ誌ライター)

 2つめの告白はマドンナについて。「一番怒ったできごとは何ですか?」という質問に対して太川は「これまで怒ったことはない。マドンナが怒ったことはある」と解答した。

「この答えには多くの反響が寄せられました。太川は怒ったことがないと話しましたが、19年9月に放送されたバス旅でマドンナの生駒里奈に激怒し、声を荒らげています。ただ、これはバス旅なので太川は除外したのかもしれません。そして『マドンナが怒った』という事実に『怒ったのは誰なのか』との声が上がりました」(前出・テレビ誌ライター)

 ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅は「マドンナ」という呼び方はせず、「メンバー」と呼ばれている。ということは怒ったのは「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の女性出演者と考えられる。

「真っ先に思い浮かぶのは第19弾のマドンナ、マルシアですね。というかマルシア以外には思いつきません。彼女は道中、わがまま放題で蛭子さんを困らせています。太川も困った様子を見せていました」(前出・テレビ誌ライター)

 15年放送のマルシアを忘れられないとしたら、太川にとってよほど辛い思い出になっているのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】