芸能

太川陽介がバス旅で衝撃告白した「ウソをつく理由」と「怒ったマドンナ」とは

 3月24日の「水バラ」(テレビ東京系)で、昨年11月に放送された「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅6 ~信州縦断!紅葉の旅~」を振り返るスペシャルが放送された。太川陽介と村井美樹、AKB48の横山由依、ももいろクローバーZの高城れにがスタジオで旅を振り返り、トークが展開。未公開映像に加えて視聴者からの質問に答え、ファンには嬉しい内容になった。

 その中で太川が衝撃の告白を2つも行い、驚きの声が上がっている。

 1つ目は「ウソをつく理由」。太川は相手チームリーダーの村井に対して、今の場所やタクシーをどれだけ利用したのか平気でウソをつくことがあり、視聴者から「太川さんはなぜウソをつくんですか」と質問が寄せられた。太川の答えは「ウソをつくのが好きだからです」。もちろんこれは冗談で、本当は「勝ちたいからです。ウソをついても勝ちたい」と答えている。

「相手をあざむく話術は勝敗の鍵を握る重要な要素ですから、太川としては勝つためにどんどん使っていきたいでしょう。相手チームのリーダーである村井は太川のウソを信じて自滅しかけることもあります。もっともせっかくウソでリードしても、最近は太川自身のミスでフイにしてしまうこともしばしばなのが難点ですが(笑)」(テレビ誌ライター)

 2つめの告白はマドンナについて。「一番怒ったできごとは何ですか?」という質問に対して太川は「これまで怒ったことはない。マドンナが怒ったことはある」と解答した。

「この答えには多くの反響が寄せられました。太川は怒ったことがないと話しましたが、19年9月に放送されたバス旅でマドンナの生駒里奈に激怒し、声を荒らげています。ただ、これはバス旅なので太川は除外したのかもしれません。そして『マドンナが怒った』という事実に『怒ったのは誰なのか』との声が上がりました」(前出・テレビ誌ライター)

 ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅は「マドンナ」という呼び方はせず、「メンバー」と呼ばれている。ということは怒ったのは「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の女性出演者と考えられる。

「真っ先に思い浮かぶのは第19弾のマドンナ、マルシアですね。というかマルシア以外には思いつきません。彼女は道中、わがまま放題で蛭子さんを困らせています。太川も困った様子を見せていました」(前出・テレビ誌ライター)

 15年放送のマルシアを忘れられないとしたら、太川にとってよほど辛い思い出になっているのだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!