芸能

とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場

 ナインティナインの岡村隆史が、4月12日深夜放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)で、古き良き時代のテレビ業界を振り返り、とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)は“別格”だったと語った。

 自身が撮影現場で経験したエピソードを語っていた中、「お金の使い方だけでいえば、とんねるずさんが一番すごかった」と回想した岡村。

 朝、岡村が赴いたロケ現場は地方の採石場。爆破シーンも撮影するため、その場所になったという。当初、岡村は周囲に何もなく食事はどうするのかと思っていたが、撮影現場に着くとキッチンカーが止まっており、そこにラーメンやカレーなど数々の料理が。スタッフはそこに並び、それぞれ好きなものを食べていたそうだ。

 そばにはテントがあり、岡村は椅子に座ってコーヒーを飲んでいたとんねるず2人と雑談。その後、木梨がおもむろに車のトランクからゴルフバッグを出してきてティーを差し、ドライバーで球を打ち始めたそうだ。

 多数のカメラが用意されていたが、またお茶を飲んだりして撮影が始まる気配はまったくなし。岡村が「始まらないな」と思っていると、石橋が「そろそろやる?」と一言。 その瞬間、スタッフがスタンバイを開始し、石橋の「こんな感じでいくから」だけでスタッフは機敏に動き、あっという間に撮影が終了したとか。

 これに、「すごかった。何撮ってんねやろと思った。すごい、やっぱり違うと思った」と岡村。近年のテレビ業界は経費削減で、現場に着くとすぐに撮影が当たり前。これだけ金をかけ余裕のある現場はあり得ないという話だが、岡村は「笑っていいとも! グランドフィナーレ」の裏話として、もう一つとんねるずのエピソードを紹介し、打ち上げでみんながビールを飲んでいる中、「タモリさんもビール飲んではるのに、とんねるずさんのチームだけピンクのドンペリとかが置いてあった」という。やはり、バブル時代を象徴するお笑い芸人はとんねるずだったのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは