女子アナ

大島由香里、“胸がパックリ”事故も!どんどんユルくなる「晩酌動画」

 元フジテレビでフリーアナウンサーの大島由香里が、4月21日、自身のYouTube「大島由香里に乾杯!」を更新。2月に発売した写真集「モノローグ」の再々重版決定を報告した。

 大島は4刷目となった写真集の売れ行きに驚きと感謝を述べつつ、24日には都内で“お渡し会”を開催することを伝え、「どういった方が買ってくださって、手に取って興味を持って応援してくださってっていう、(ファンと)ぜんぜん今まで直接お会いする機会がなかったので、本当に楽しみです」とワクワク感を語っている。

「写真集で大島は、水着やレオタード、衣装を濡らしてのズブ濡れショットなどで、柔らかそうな推定Dカップバストをギリギリまでさらし、かなり際どい内容となっています。そんな肉感たっぷりのボディはもちろんですが、最近では16年の小塚崇彦との離婚後から出し始め、レギュラーアシスタントを務める『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でも見せるぶっちゃけたキャラが、男性にも女性にもウケているのかもしれません」(女子アナウオッチャー)

 そんなキャラはYouTubeでもいかんなく発揮され、自宅で大好きなビールとツマミをやりながら近況などを報告するというスタイルで、人気を集めている。

「4月20日投稿の動画も、新発売の缶ビールを飲みつつその感想を語るというユル過ぎる内容だったのですが、スッピンに完全な部屋着での晩酌姿はとても女子アナとは思えず、親近感を沸かせますね。また、リラックスのあまり思い切り伸びをするシーンでは、ボリューム感たっぷりのバストの輪郭が浮かび上がり、その拍子で部屋着の胸ボタン部分がパックリと開きっぱなしなるという“事故”も。残念ながらそこは編集によってイラストで隠されていましたが、YouTube撮影にも慣れどんどんユルくなっていく彼女の動画に、ファンは大注目しているようです」(前出・女子アナウオッチャー)

 今後も大島の”さらけ出し”から目が離せない。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?