芸能

長嶋監督に「4番・原」の代打に送られた一茂、いまだ残る複雑心境と大疑問

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル「高木豊Takagi Yutaka」の4月28日投稿回に、元プロ野球選手で現在はタレントとして活躍中の長嶋一茂氏が出演した。

 一茂氏は1993年にヤクルトスワローズから巨人に移籍。この年は、父の長嶋茂雄氏が巨人の監督に就任、長嶋監督の第2次政権がスタートした年でもある。ご記憶にあるファンも多いだろうか。その翌年9月7日の対横浜戦において、当時の4番、原辰徳に回ってきた場面で長嶋監督は代打に一茂氏を送り、結果、サードゴロに倒れ、試合も「1-2」で落としている。

 動画では「あれは参ったよ、俺も…。原さんに代打はやめてよと思いました」と語っていた一茂氏。実は当時、打撃コーチを務めていた淡口憲治から、原が3打席目を凡退したら、4打席目で代打に出ることを聞かされていたそうだ。事実、原は3打席目を凡退し、4打席目での一茂氏の代打は決定となったのだが、これに「だったら守備固めから入れてくれてもいいじゃないですか?」と疑問を呈し、守備から代わっていれば“原のケガや体調不良が原因か”といったエクスキューズもできたと振り返る。これに高木氏も、「代打に出すこと自体が(原を)傷つける感じだよね」と同調していた。

 94年、原は左脚アキレス腱のケガから2軍スタートしており、万全の体調ではなかった。一茂氏の主張通り、4番を務めてきた原の心情を長嶋監督はもっと配慮すべきだったのではないか? しかし、そうなるとここまで「代打、一茂」のインパクトも世間には与えなかったわけで、長嶋監督一流の演出にも思えてくる。果たして実際の意図は何だったのだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像