芸能

長嶋監督に「4番・原」の代打に送られた一茂、いまだ残る複雑心境と大疑問

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル「高木豊Takagi Yutaka」の4月28日投稿回に、元プロ野球選手で現在はタレントとして活躍中の長嶋一茂氏が出演した。

 一茂氏は1993年にヤクルトスワローズから巨人に移籍。この年は、父の長嶋茂雄氏が巨人の監督に就任、長嶋監督の第2次政権がスタートした年でもある。ご記憶にあるファンも多いだろうか。その翌年9月7日の対横浜戦において、当時の4番、原辰徳に回ってきた場面で長嶋監督は代打に一茂氏を送り、結果、サードゴロに倒れ、試合も「1-2」で落としている。

 動画では「あれは参ったよ、俺も…。原さんに代打はやめてよと思いました」と語っていた一茂氏。実は当時、打撃コーチを務めていた淡口憲治から、原が3打席目を凡退したら、4打席目で代打に出ることを聞かされていたそうだ。事実、原は3打席目を凡退し、4打席目での一茂氏の代打は決定となったのだが、これに「だったら守備固めから入れてくれてもいいじゃないですか?」と疑問を呈し、守備から代わっていれば“原のケガや体調不良が原因か”といったエクスキューズもできたと振り返る。これに高木氏も、「代打に出すこと自体が(原を)傷つける感じだよね」と同調していた。

 94年、原は左脚アキレス腱のケガから2軍スタートしており、万全の体調ではなかった。一茂氏の主張通り、4番を務めてきた原の心情を長嶋監督はもっと配慮すべきだったのではないか? しかし、そうなるとここまで「代打、一茂」のインパクトも世間には与えなかったわけで、長嶋監督一流の演出にも思えてくる。果たして実際の意図は何だったのだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?