芸能

ジャガー横田、あのジャッキー佐藤撃破の裏に「リングネーム命名」があった!

 元女子プロレスラーのジャッキー佐藤さん(1999年8月9日に41歳で他界)と言えば、1976年にマキ上田と結成した「ビューティ・ペア」の人気は凄まじかった。「かけめぐる青春」「真っ赤な青春」などの曲が大ヒットし、試合前のリングで歌を披露する…といったフィーバーぶりだった。

 そんな佐藤さんが快進撃を続けていく中、1人の若き女子レスラーが世界シングル王座戦においてこれを撃破。引退に追い込んでいる。その人の名は、女豹がごとき鋭い眼光が特徴の、ジャガー横田だ。

 その横田が、元女子プロレスラー、ブル中野のYouTubeチャンネル〈ぶるちゃんねるBULLCHANNEL〉に出演、「負けなかった安堵感はあるけど、勝ってしまったという複雑な心境が大きかった…」と、当時を振り返っている。

 5月1日に〈初コラボ【ジャガー横田登場】全日本女子について語りつくします 1/3〉と題した投稿回がそれで、当時は「横田りみ」でチャンピオンとなったと言う横田。たまたま金星を上げたが、別の日に戦えば負けたかもしれず、半年で10kgも痩せたと、ベルトが相当心に重くのしかかったと振り返っている。

 そんな横田が気を取り直すことができたのは、2回目の防衛戦で「ジャガー横田」のリングネームがついた時のようだ。リングネームがつくと、女子プロ界から必要とされている存在だと実感でき、1試合1試合責任をもってチャンピオンらしい戦いを見せていこうと切り替えられたのだとか。ちなみに、正規軍のチーム「ダイナミックジャガーズ」でトップになったことから「ジャガー」を拝命し、女豹がごときイメージからではなかったようだ。

 当時の女子プロファンには垂涎ものの、貴重なお話が拝聴できる好回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上