政治

党内不和はそっちのけ!?国政でもわが道をいく「猪木イズム」

 参議院運営委員会に、「書類不備」を理由に渡航申請を却下されたのに、強行訪朝した日本維新の会のアントニオ猪木議員(70)。

 これには、議員運営委員会の関係者も呆れた口調でこう語る。

「猪木さんは訪朝前、参議院議員団会長の片山虎之助議員(78)には、臨時国会が終わってから北朝鮮に行くと伝えていました。でも、申請書には11月1日に渡航と書かれていて、これは話しが違うということで、申請は却下されました。その上での訪朝ですから、天皇陛下に”手紙テロ”を挙行した山本太郎議員(38)より厳しい処分が下るのは当然かもしれません」

 これには、日本維新の会の橋下徹共同代表(44)も、

「北朝鮮との関係は極めて慎重にやっていかなければならない外交問題。一議員の行動は許されない」

 と、不快感を示した。だが、猪木氏にとっては騒ぎになるのは想定済みだというのは、日本維新の会の関係者。

「猪木さんは党の一員として成果を出すより、北朝鮮とのパイプ役として、“猪木外交”で結果を出すことが何より大事なこと。だから、今回もマスコミが騒いで話題になったので、狙い通りのパフォーマンス成功ではないでしょうか」

 そもそも猪木氏は初めから日本維新の会とは、ソリが合わないので、党内不和にも興味がないという。

「参院選で擁立されたとき、『もっと自分を客寄せパンダに使ってくれればいいのに、維新は使い方が下手だ』と、党のやり方に不満を漏らしていました。今も党の中で、“お客さん”扱いなので、党の幹部に何を言われてもどこ吹く風。選挙になるまでは、好き勝手にこれからも行動すると思います」(前出・日本維新の会関係者)

 パフォーマンス重視の「猪木イズム」で、北朝鮮問題をこじらせなければいいのだが‥‥。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」