スポーツ

斎藤雅樹が最多勝・最優秀防御率をもぎとった藤田監督“逆鱗”のベンチ裏

 槇原寛己氏、桑田真澄氏と並び「巨人の三本柱」と評された元プロ野球選手、斎藤雅樹氏が、巨人時代にはバッテリーを組んだ仲でもある大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」に出演。二兎追った結果、二兎をも得てしまった1989年を振り返った。

 5月16日付けで〈第三話 20勝目前、藤田監督に怒られた唯一の出来事〉とタイトルした投稿回がそれで、シーズン終盤、初タイトルとなる最優秀防御率の可能性を残したまま、19勝を上げた斎藤氏。中日ドラゴンズの西本聖氏はすで20勝していたことから、せめて最優秀防御率は…と初タイトルに固執した斎藤氏は、次戦の登板を回避しようとして、当時の藤田元司監督から「いつもいつも20勝できるチャンスがあると思うな!」と厳しく叱責を受けたそうだ。

 結果、斎藤氏はマウンドに上がり6回無失点の好投。防御率をさらにアップして20勝目を数え、最多勝利と最優秀防御率の2冠に輝いた。斎藤氏は翌年の90年も20勝で最多勝利を獲っており、過去20勝以上での2年連続最多勝利のタイトルに輝いたのは、故・金田正一氏、権藤博氏、村山実氏の偉大なる3氏しかいない快挙であった。

「球界の紳士」と呼ばれながらも、一方で「瞬間湯沸かし器」とも評されていた藤田監督の逆鱗があってこそ、斎藤氏の栄光があるのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故