芸能

原田大二郎「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」でテリーは天才だと思った

●ゲスト:原田大二郎(はらだ・だいじろう) 1944年、山口県出身。大学卒業後の67年、「劇団文学座」に入座。70年、映画「裸の十九才」で主役デビュー。75年、「Gメン’75」(TBS系)の関屋一郎警部補役で全国区となる。その後、映画「蒲田行進曲」「敦煌」などの話題作に出演。85年公開の映画「哀しい気分でジョーク」への出演を機にバラエティー番組でも活躍。現在、隔週刊「Gメン’75 DVDコレクション」(デアゴスティーニ)が発売中。

 70年の映画デビュー以降、50年以上にわたって多くの映画やドラマで活躍してきた俳優・原田大二郎。中でもその人気を不動にしたのが「Gメン’75」だ。しかし、放送開始後しばらくして途中降板。その裏では何が起きていたのか。天才と呼ぶテリーだけにこっそり明かしてくれた。

テリー 何年ぶり?

原田 前に高島屋かどこかで会わなかった? あの時、あ、覚えててくれたって、うれしかったんですよ。

テリー 忘れるわけないですよ。仲間だもの。

原田 ほんとに戦友だよね。僕が「(天才・たけしの)元気が出るテレビ!!」で一緒だったのは「幸福配達人」という企画だけだったけど、「あ、この人は天才だ」と思って。

テリー いやいや。

原田 僕は新藤兼人さんの作品でデビューして、その後もいろんな監督とやってきたけど、天才だと思ったのはテリーさんだけ。なにしろあなたのひと言で(ロケ地の)川崎の商店街が燃え上がっちゃうんだから。

テリー いい時代でしたよね。だけど正直言うと、最初僕は原田さんの使い方がわからなかったんですよ。

原田 たけちゃん(ビートたけし)がゴリ押しで入れてくれてね。たけちゃん主演の「哀しい気分でジョーク」という映画に出た時に小1時間話していたら(明治大学の)先輩後輩の関係だし、「あいつ、おもしろいから使ってくれ」って、たけちゃんが勧めてくれたというのは聞いたんですけどね。

テリー そうそう。

原田 僕も「徹子の部屋」に一度出た以外はバラエティーの仕事をするのは初めてで。まったくわけわかんなかったですから。

テリー そうなんですよ。スタジオには松方(弘樹)さんもいたじゃないですか。僕は最初、松方さんをどう使うかも悩んでたんです。そしたらそこに原田さんも来て、名前のある2人の役者さんをどう使ったらいいのかって。それで原田さんには学園ドラマをお願いすることにしたんですけど。

原田 「君たちはもう大丈夫だ」って言って、去っていくっていうね。

テリー あれは映画の「シェーン」とか「椿三十郎」のイメージがあったんです。あんな感じで若者を置き去りにしていくような青春ドラマができないかなって。あの頃、日本テレビも青春ドラマを放送していたし、素人を使った青春ドラマを作ってみたかったんですよ。

原田 あの頃、とにかく熱かったですよね。京都の比叡山に行った時、「ケーブルカーがあるから、あの屋根に上がろうよ」って。今だったら絶対許可出ないと思うけど、「いいですよ」って言ってくれて。ものを作りたいっていう情熱は今もあるけど、あの頃はものすごくあった。

テリー 原田さんに対する世間のイメージも、「元気が出るテレビ」でかなり変わりましたよね。

原田 あの頃の役者はインタビューを受けてもしゃべらないのが当たり前だったからね。(原田)芳雄でも中村敦夫さんでも、楽屋ではものすごいおしゃべりなのにインタビューになると、急に寡黙になる。

テリー 高倉健さんみたいなね。

原田 そうね。だから役者が普通にしゃべるようになったのは僕と兵ちゃん(石坂浩二)が走りじゃないですかね。でも、僕はもともとおもしろいことが好きだったから、ありがたかったですけどね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合