芸能

川島なお美「言葉の壁」を乗り越えた垂涎シーン

 12月7日に公開される映画「チャイ・コイ」。川島なお美(53)にとって、13年ぶりの主演作である。

 しかも、原作は肉食系作家の岩井志麻子氏の私小説風の官能大作だ。川島は韓国人若手俳優と濃厚なラブシーンを演じている。

 グローバルな恋愛につきものなのが、「言葉の壁」。映画の中でも事後に、川島が日本語で話した一言が、韓国語で「お疲れ様」の発音と似ていたため、韓国人青年がベッドですねるというシーンがある。

 ところが、実際の韓国人との情事には、多くの言語格差が存在する。あるトークイベントで、岩井氏はこう明かしている。

「韓国人はいろいろほめてくれるのだけれど、ネックレスだけはほめさせてはダメです。韓国語でネックレスは『モッコリ』と発音するものだから‥‥」

 確かに、「モッコリ」は女性をほめる言葉ではない。

 さらに、外来語の「ファ・フィ・フェ・フォ」の発音は、韓国語では「パ・ピ・プ・ペ・ポ」となってしまう。韓国で携帯電話を「ハンドポン」というのは、「ハンドフォン」が訛ったものなのだ。これが、情事にも関連してくる。

 女性の“口技”が「ペラチオ」になってしまうのだ。「きみのペラチオは最高だよ‥‥」と言われても、どこか淫靡さに欠け、ほめられていないような気がしてしまうそうだ。

 しかし、川島のラブシーンは「言葉の壁」を感じさせないほど、完璧な出来映えであった。美しすぎる50代のボディの前では、言葉は不要なのであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!