スポーツ

掛布雅之、78年「頭部に初死球で大不振」からの“腹の括り方”を動画で回顧!

 阪神タイガース一筋15年、元プロ野球選手の掛布雅之氏といえば、本塁打王に3度輝くスラッガーながら、デビュー3年目の1976年から4年連続で打率3割超えをマーク。アベレージヒッターでもあった掛布氏だが、実は78年に3割を切るのでは…といったピンチが訪れた。5月10日の大洋(現DeNA)戦でプロ入り後初の頭部に死球を受けて入院。異常なく2日後には退院しているのだが、復帰しても右足を踏み込むことができなくなり、バットから快音が途絶えたのだ…。

 主に阪神で活躍した元プロ野球選手、池田親興氏のYouTubeチャンネル〈池田親興のちかチャンネル!〉に、掛布氏が出演。この時の不振から、みごとな復活劇を遂げた“腹の括り方”を振り返った。

 同チャンネルの6月19日付け投稿回〈【素振りのやり方】阪神タイガースの4番が教える【掛布雅之】〉を観ると、「3割3分ぐらいあった打率が、2割8分くらいまで落としちゃったわけ。もう(ボールが)怖くて」と掛布氏。間近に迫ったオールスターのファン投票での得票数も好調だったことから、「オールスターがなければいいのに…」と、なおプレッシャーに感じたと語る掛布氏だが、そこから腹を括れたのが、ミスタータイガースたるゆえんか。

「オールスターに出るためには3割に戻して出なきゃダメだ」と、覚悟を決め、オールスター前の広島カープ戦で4打数3安打。みごと3割に乗せてオールスターに出場し、第3戦では3打席連続本塁打と大活躍。シーズン終了後には打率を「.318」としたのだった。

 翌年の79年には初の本塁打王に輝いた掛布氏。本人の日々のたゆまぬ努力もさることながら、前年の「腹の括り」が手繰り寄せた、野球の神様からの「ご褒美」でもあったのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”