スポーツ

武豊「競馬記者&ファンが選んだ“GI100勝”渾身騎乗ベスト10レース!」(2)

20131205i

 武豊といえば、オグリキャップディープインパクトとのコンビで2度の競馬ブームを演出。特にオグリは、アンケートでも1位と2位に輝き、有馬記念の復活ラストランで涙したファンも多いのではないか。

 ただ、衝撃度ならディープが3冠に輝いた翌年の天皇賞・春だろう。スポーツ報知の牧野博光記者が回顧する。

「3コーナー手前の残り5ハロン付近からロングスパートして4コーナーで早くも先頭。直線でも最速の上がり脚で、レコードタイムの優勝でした。残り5ハロンが全て11秒台というラップに、M・デムーロやC・ルメールといった海外の名手たちは『見たことがない!』と驚くほどでした」

 2着のリンカーンに騎乗していた横山典が「リンカーンは生まれた時代が悪かった」と吐露していることからも、衝撃度がうかがい知れるというものだ。

 完璧な騎乗ぶりならアドマイヤベガの99年ダービーも忘れられないレース。

「デビューから寄り添って、このレースに向けてさまざまなハードルをクリアして臨んでいるだけに、卓抜した中身の濃さがある。特にこのレース、2着ナリタトップロードの渡辺、3着テイエムオペラオーの和田がパーフェクトな騎乗をしているのに、度胸を決めて最後方からの追い込みに賭けた武豊の戦略に沈められてしまったというレース。すごみを感じた一番です」(片山氏)

 圧巻のレースぶりも思い出に残るが、ゴール前の叩き合いも武豊ファンを魅了してきた。競馬パーソナリティの鈴木淑子氏のベストレースは、アンケートで8位にランクしたエアグルーヴの天皇賞・秋だ。

「17年ぶりに牝馬を天皇賞に導いたレースが1位です。もちろん、オークスも母娘制覇を達成した思い出深いレースですが、天皇賞はさらに劇的。本当に勝つ場面が見られるなんて夢のようでした。それも連覇を狙うバブルガムフェローとの一騎打ちになって、差し返そうとする牡馬をさらに外からねじ伏せる牝馬らしからぬシーンを見せてもらって感動しました」

 壮絶にして渾身の追い込みとなれば、6位にランクした08年天皇賞・秋も記憶に残る戦いと言えるだろう。安藤勝騎乗のダイワスカーレットと武豊騎乗のウオッカの一騎打ち。その差はわずか2センチで、写真判定に15分近くもかかった。

「検量室であんなに興奮しているユタカさんを見たのは初めてでした。『同着でもいいと思った』『今日のレースは忘れない』と話す声が震えているようでしたからね」(前出・牧野記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ