芸能

小芝風花&中島健人「彼女はキレイだった」に“既視感”“新鮮”それぞれの声

 女優の小芝風花とSexy Zoneの中島健人がW主演を務める連ドラ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)の初回が7月6日に放送されたが、視聴率は7.6%で、同じ枠の前クール「大豆田とわ子と元三人の夫」初回と同じだった。ちなみに昨年話題となった冬クールの「姉ちゃんの恋人」は初回9.2%なので、同枠としては「彼女は─」は、まずまずのスタートであるように見える。しかし事前の視聴者アンケートやドラマ関係者などの間では、期待値が非常に高かったため、局側としては思いのほか数字が低いと捉えているのではないだろうか。

「ネット上では、ストーリー展開について『恋はつづくよどこまでも』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(いずれもTBS系)を足して2で割ったようなドラマで、既視感があるという指摘が印象的でしたね」(ドラマライター)

 子供の頃は、太っちょで冴えない、いじめられっ子だったが成長してイケメンのファッション誌敏腕副編集長となった長谷部宗介(中島)と、子供の頃は優等生の美少女で長谷部に助け舟を出していたが、今は、無職の残念少女となった佐藤愛(小芝)。2人は初恋同士であったが、子供の頃とは立場が逆になっている中、愛に宗介から久しぶりに会いたいと連絡があり…という展開だったが、先のライターはこう続ける。

「小芝へのコメントで目につくのは、《全力の演技好きです》《華がありますね。演技力も安定していて、どんな役でも成り切って芝居をするので安心して見れます》《その可愛さは隠しきれんでしょう~、彼女が一番キレイだった》など絶賛する声。一方、中島については《ジャニーズはお腹いっぱい》《この人がやるとバラエティのギャグの延長にしか見えない》といった違和感を訴えるものが多い。それでも、《TBSの火10なら、佐藤健さんか横浜流星さんを起用しそうなところ、結構新鮮で面白かったです》との声がありました。直球のラブコメに挑むのはほぼ初めてと言っていい2人がどのように今後どのようにキュンとさせてくれるのか、期待と不安が入り交じったような感想を抱いているようですね」

 東京五輪開催期間にかぶる放送とあって、不利な状況ではあるのだが、ドラマ界をぜひ盛り上げてほしいものだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相