スポーツ

岩瀬仁紀、「クローザー元年のどん底」を立ち直らせた落合監督「信頼の言葉」!

 中日一筋19年、元プロ野球選手の岩瀬仁紀氏。最多セーブ投手5回は江夏豊氏、佐々木主浩氏らに並ぶ最多タイ記録(前身の最優秀救援投手時代含む)であり、最優秀中継ぎ投手3回は最多タイ記録。NPBにおける、最多登板(1002登板)通算セーブ記録保持者(407セーブ)と、記録ずくめのレジェンド投手であった。

 その岩瀬氏の「転機」は落合博満氏が中日の監督に就任した2004年であった。キャンプ前日の1月31日に今季は抑え(クローザー)で行くことを告げられた岩瀬氏は開幕直前に自宅の浴室で転倒し、左足小指を骨折したのだが、総合スポーツのYouTubeチャンネル〈スポーツライブプラス〉の、7月8日付け投稿回〈【岩瀬仁紀ゲスト出演】岩瀬の投球術 落合監督との出会いも〉に出演した際、当時は骨折が完治していないことを伏せた状態でマウンドに上がっていたと明かしている。

 しかし、当然のことながら結果は伴わず、場内アナウンスで岩瀬氏がコールされると客席からブーイングが起こる事態も。「何で二軍に落としてくれないんだろう…?」そう訝った時期もあったそうだが、「お前はどんなことをしても落とさない。そこから這い上がれ!」との落合監督の言葉を励みに、「ここまで信頼してもらえるんだったら、そこに応えられるように、もう一度這い上がろう!」と奮起したのだと岩瀬氏。その年、ケガをおしながらも22セーブを挙げてリーグ優勝に貢献すると、05年06年と連続で最多セーブを獲得したのだ。

 落合監督との強い師弟関係が成しえたと言える岩瀬氏の数々の記録。見ごたえのある回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史