芸能

宇垣美里「ジャニーズと接触NG」の本気ドラマ現場(2)古巣批判で「扱いにくい」

 19年3月にTBSを退社し、鳴り物入りでフリー転身を果たしたが、その話題性の割には、キャスターとしても、タレントとしてもなかなかブレイクを果たせずにいた。宇垣を知るTBS関係者によれば、

「みな実同様、局アナがフリーになって最も大変なのが、会社員の立場から個人事業主への切り替えがなかなかできないこと。極端なことを言えば、20代の女子アナは蝶よ花よとチヤホヤされてナンボですから。それで天狗になってフリーになると、今度は誰もそうは扱ってくれないんです。その気分を切り替えるのが難しい。結局、みな実も今でこそ売れてますけど、最初はニュース番組のキャスターがやりたかった。だけど、まったくお声がかからなくて、最終的に写真集を出して大ブレイクした。宇垣も、女優転身するには、会社員気分を払拭する必要があったのです」

 実際、フリー転身後の19年7月12日放送「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」出演時には、その人物像がわかるエピソードが披露された。

 テレビ誌編集者が語る。

「16年に伊野尾との熱愛報道によりレギュラー番組を降板させられた際、担当プロデューサーにコーヒーをぶちまけたという話題があった。この件に対して宇垣は、プロデューサーに降板ギリギリでそのことを伝えられた上、話が通じず決着もつかなかったと説明。そこで『あなたからもらったコーヒーは飲めません』と言い、流しに捨てたと発言。逆に『内々でのやりとりが外に出ていることのほうがおかしい』と指摘した上で、『(報道が)出ている時点で(局の)民度が知れるわ、みたいな感じがしたんです』と、古巣を猛批判。この暴露は面白がられ、話題にもなったが、業界内では扱いづらいタレントとして認知されてしまった」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像