芸能

「新CM女王」芦田愛菜のギャラが10倍アップ 「マツコと同類の2000万円まで急騰している!」

 今年の芸能界で最もブレイクしたといえば、芦田愛菜(7)だろう。
 民放関係者によれば、
「愛菜ちゃんが出演するだけでバラエティ番組の視聴率が確実に3%は上がると言われているほど。今や視聴率戦争の切り札となっています。スケジュールは、年内はおろか、来年までぎっしり。ドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ)が大ヒットして、それ以来スケジュールが分刻みだと聞いています。小さな体を壊さないか心配なくらいです」
 テレビ界の救世主となった愛菜ちゃんをCM業界も放っておくはずがない。すでに今年の上半期だけでも9本のCM契約を結び、「史上最年少のCM女王」との声がもっぱらなのだ。
 広告代理店関係者が解説する。
「今年に入って愛菜ちゃんのCMのギャラは一気に10倍にまで急騰していますよ。去年までは子役としては、ある程度の知名度はありましたが、CMのギャラは200万程度。それが今では1本2000 万円です。くしくも愛菜ちゃんと同じ契約料なのが、マツコ・デラックス(38)。2人とも昨年に一気にブレイクしましたが、マツコは早い段階で2000万に到達し、現状維持が続いている。一方の愛菜ちゃんは、今後はさらに3000万円ぐらいに高騰するかもしれません」
 しかも愛菜ちゃんの稼ぎっぷりたるやハンパではない。CMの契約料に加えて、テレビのギャラもレギュラーや特番で100万円以上と言われており、今年はすでに2億円以上稼いでいる計算だ。
 超売れっ子の子役とオカマが同じ相場というのもおもしろいが、今の人気を考えると、もう少しもらってもよさそうな気がするが‥‥。
「2人ともまだキワモノ的なイメージが強いからしかたない。ギャラのアップは今後の活躍しだいです」(広告関係者)
 ところで、今年ブレイクしたといえば、尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(68)もその一人。
「尾木先生は法政大学キャリア・デザイン学部教授ですが、教授職の拘束を最小限にして、テレビ出演や講演を行っています。今年はバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』でブレイクして講演やテレビ出演が急増。さらにはCM出演も舞い込み、1億円突破も確実なようです」(民放関係者)
 海外のキワモノ映像や情報の紹介、すべり系おやじギャグで人気のデーブ・スペクターのギャラも相当なものらしい。
「デーブのテレビ出演料は他の外国人コメンテーターの数倍はします。彼はレギュラーが6.7本あるので、恐らく2億円以上は稼いでいると思います。デーブの場合は、海外のエージェントからレアな画像を買いつけているので、その画像使用料も含めての値段なんです」(民放関係者)
 今や芸能界は「子役とキワモノキャラ」が、もてはやされていると言えそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意