芸能

おニャン子、セイントフォー、レモンエンジェル…昭和のアイドルグループは今!

 キャンディーズ、ピンク・レディーなど、昭和の芸能史に華やかな色を添えた「アイドルグループ」という存在。中でも85年に登場した「おニャン子クラブ」は、毎週のようにメンバーのデビューシングルがチャート1位を争った。会員番号13番の内海和子が当時を振り返る。

「86年11月に『蒼いメモリーズ』でソロデビューできました。オリコン3位に入ったんですけど、ソロデビューした子たちは1位が多かったから、ちょっと残念で。何よりも悔しかったのは、あんなに歌がヘタな立見里歌がメインだったニャンギラスの『私は里歌ちゃん』でさえ1位を取っているのにと(笑)」

 よき仲間であり、よきライバルであったようだ。84年にデビューしたアクロバティックな4人組「セイントフォー」の2代目リーダーだった鈴木幸恵は、今では2児の母に。

「娘たちは再結成ライブにも足を運んでくれたし、YouTubeで当時の映像も見ています。当時の衣装を『お母さん、レオタードがダサ~い』って言ってくるんですよ」

 深夜アニメとのタイアップでデビューした「レモンエンジェル」の櫻井智は、その後も声優として人気を得ている。当時は、驚きの異名も持っていた。何と、下のアンダーウエアが“チラッと見えする”という意味の言葉と「アイドル」を続けて一つの呼び名にされていたというのだ。

「やたらと短いスカートだとか、長めのシャツでスカートすらもないとか、それでデパート屋上などのステージをこなしていました」

 8月3日発売の「週刊アサヒ芸能」8月12・19日合併号では、ほかにも70年代から80年代を飾ったアイドルグループの情報がぎっしりと詰まっている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔