スポーツ

大谷翔平の“先輩”だったかも!?新庄剛志、幻の「二刀流転向」秘話を動画回顧

 現在、二刀流としてMLBで大活躍の大谷翔平だが、日本プロ野球界において、その“先輩”ともなる可能性のあった選手がいたことをご記憶にあるだろうか。元プロ野球選手、新庄剛志氏である。故・野村克也監督が阪神の監督に就任した1年目の1999年、新庄氏に外野手との兼務を命じている。そして3月5日、熊本・藤崎台球場で開催された対巨人のオープン戦でマウンドに上がり、元木大介氏、二岡智宏氏、後藤孝志氏を3者凡退に切って落としたのだった。

 その新庄氏が、元プロ野球選手・中西清起氏のYouTubeチャンネル〈中西清起の虎の穴チャンネル〉に出演。“投手転向”のきっかけは、ほんの遊び心が野村監督の心に火をつけたのだと明かしている。

 7月25日付け投稿回〈天才・新庄剛志が投手にガチ転向させられそうになった話の真相〉を観ると、ホームベース付近に落ちていたボールを拾い、バックスクリーンにノーステップで、しかもノーバンで投げたという新庄氏。これを見ていた野村監督が新庄氏に“二刀流”を命じたようで、中西氏から野村監督の前で投げた狙いは「ピッチャーやろうと思ったの?」と問われると、「遊びのつもりで…こんな野球選手もいるんだぞっていうところを見せようと思っただけ」と、ほんのご挨拶のつもりだったと振り返った新庄氏。

 当時、シーズンでも新庄氏のマウンドさばきが見られるものと思っていたが、左大腿筋損傷で、このオープン戦の翌日から試合を欠場し、一気にトーンダウンした。とはいえ、先発、中継ぎ、抑え…と現在の投手分業制に早々に着手していたとされる野村監督。新庄氏を見る目にも、間違いはなかったはずで、もしケガに見舞われていなければ、大谷に先んじて「二刀流・新庄」として活躍していたのかも!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム