スポーツ

「お嬢様ボートレーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」/ペラ小屋で勉強して初G1戦に臨みます

 8月4日【水】~9日【月】までボートレース浜名湖(静岡県西湖市)で開催されるG1「第35回レディースチャンピオン」に出場します。

 昨年は予備1位で出場できず、今年の目標の1つだったレースなので、今からすごく楽しみです。賞金も高いですからね(笑)。

 ただ浜名湖は「24場の中で23番目に好きなコース」なので、不安もあります。

 昨年は7月の一般戦、9月のヴィーナスシリーズ第12戦、そして12月のG3クイーンズクライマックスシリーズと3回呼んでもらいましたが、7月は1着2回、2着1回も5着が4回と波があり、9月は1着2回、2着3回とまずまず。しかし冬のQCはボロボロでした。

 夏場は向かい風で、気温の上昇とともにモーターが回りにくくなるため、モーターもプロペラも調整が難しいイメージがあります。しかも浜名湖のモーターは4月に初下ろしされたばかり。まだ相場は固まっていませんが、51号機の伸びが強力らしいですね~。

 とはいえ、これまで「伸びがいい」と言われているモーターを引いても、実際に「すご~い」と感じたことは一度もありません。私がデブだからかな(笑)。

 昨年は夏場から成績が上向きになりましたが、汗がダラダラと流れるのは好きじゃないですし、夏場の水面は虫がいっぱい飛んでいて苦手なくらい。昨夏は右足の7カ所も蚊に刺されてしまい、かゆくてたまりませんでした(苦笑)。

 レース前はペラ小屋に行って、前2走で使ったペラを師匠の村田修次さん(東京、A1級)に見てもらう予定。しっかりと勉強して、初めてのG1戦に臨みたいと思います。

 浜名湖の翌週、ボートレース徳山(山口県周南市)で開催される「マクール杯争奪徳山ヴィーナスシリーズ第9戦」(8月13日【金】~18日【水】)に出場する倉田郁美さん(静岡、A2級)。

 倉田さんとは浜名湖でも一緒になりますが、先月のG3「オールレディース 第33回瀬戸の女王決定戦」(7月13日~18日/@ボートレース児島)でのエピソードがありまして。

 レース後はパンツまでビチョビチョになるためシャワーを浴びるのですが、倉田さんが使っていたのが、ひんやりタイプのボディウォッシュ。なので、私とともち(深尾巴恵、群馬、B1級)で扇風機の風をブォ~ッて向けると「寒い~、寒い~」と言いながら、おどけてくれる倉田さん。あまりにも楽しくて、つい子供のようにハシャいじゃいました(笑)。

 夏場も元気な倉田さんの走りに注目ですよ!

【富樫麗加選手「今後の出場予定」】

8/4~8/9 浜名湖(G1)第35回レディース チャンピオン

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。21年3月、ボートレーサーの今泉友吾選手と結婚。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!