芸能

武田久美子もビックリ?あのHバストグラドルが貝殻水着に「シジミ」で挑戦!

「貝殻水着」と言えば、女優で元アイドルの武田久美子を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。1989年にリリースした写真集「My Dear STEPHANIE」で、ホタテの貝殻を左右のバストと下腹部につけて上下セパレートタイプの水着に見立てた「貝殻水着」は、武田を語るエピソードとして今も語り草だ。

 そんな貝殻水着は、2016年、バストIカップの清水ふみ奈も挑戦しており、同年8月に発売された写真集「Maganda!」で披露しているのだが、貝殻水着好きの間からは、「シジミサイズ」まで挑戦してほしいといった要望も根強くあったようで…。

 そこで、Hカップのド迫力バストの持ち主である人気グラドル、清水あいりが、みずからのYouTubeチャンネル〈清水あいりのおイタがすぎまんねんTV〉にて7月17日に投稿された動画だが、深い胸の渓谷を見せる上下セパレートタイプの白い水着姿で登場の清水。上半身用の水着にシジミを1個、また1個装着し、何個で水着の面積に埋まりきるかといった艶っぽ検証企画だった。

 はたして何個だったかは動画に譲るとして、〈元祖貝殻グラドルの武田久美子もビックリですね〉〈これはこれでゴージャス感あるから素敵だね?〉〈貝殻になりたい〉などと、さもありなんな視聴者のコメントに加え、〈しじみ3個でいいやん〉と、マッパにバストの先端部分を覆い隠すだけで良いのでは?といった男性視聴者の願望と思しきコメントも見受けられたのだった。

 そんな願望の叶う企画も拝みたいところだが、視聴者の切なる願いは清水の豊かな胸、もとい耳に届くだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
掛布雅之「阪神・大山を大絶賛」の裏で…「Aクラスはないよ」断言していた!