芸能

上田まりえ、ツイッター“下ネタコメント”ブチ切れ削除にザワザワ

 元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえが8月27日、自身のツイッターを更新。フォロワーから送られてくる“下ネタ”に苦言を呈した。

 上田は「さっき投稿したツイート、下ネタのコメントを投稿してくる人が多くて不快な気持ちになったので消しました」とツイート。削除したツイートとは自身の姿を写した2枚の写真で、異なる部分を尋ねていたものだったが、“前髪の有無”が正解だったにもかかわらず下ネタが殺到していたのだ。

 ネット上では、「上田まりえ、下ネタ耐性がめちゃ低いんだよな。みんなイジりすぎだよ」「こういうのって調子に乗ってどんどん増えていくからね。消して正解です」「上田さんに下ネタは御法度だろ! 公の場で下ネタを連発するなんて、側から見てもかなり不快だし悪質」などといった声が寄せられた。

「上田は2019年3月に当時レギュラーを務めていた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を体調不良により卒業していますが、最後の挨拶でVTRで登場した際も出演したての頃を振り返り、飛び交う下ネタに困惑したことを明かしています。ツイッターのリプライなど気軽にスルーすればいいだけなのですが、今回も真面目な性格ゆえ気になってしまったのでしょう」(ネットニュースサイトライター)

 上田は自身のツイッターにたびたびノースリーブで無防備に胸の膨らみを披露した写真を投稿しているが、本人の気づかないところでフォロワーを刺激していたのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」