社会

しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!

 あれだけテレビに出ずっぱりだった国際政治学者の三浦瑠麗氏が、表舞台から消えて久しい。夫(のちに離婚)で投資会社「トライベイキャピタル」代表取締役の三浦清志氏が業務上横領の疑いで逮捕・起訴されたことがきっかけだ。

 それ以前はワイドショーのコメンテーターや、田原総一朗氏のお世話係(!?)として「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)にほぼレギュラー出演していた。気のせいかもしれないが、昨今、田原氏の暴走が目に余るのは、三浦氏が番組に出演しなくなったからでは、とも思う。

 そういえば、松本人志は彼女の信奉者で、「ワイドナショー」(フジテレビ系)に彼女がゲストでやってきた際には「瑠麗さん、瑠麗さん」とデレついていたものだ。

 そんなふうに大物を転がしながら今日の地位を築いてきた「瑠麗さん」だったが、夫の逮捕以降はパッタリと、なりを潜めていた。

 とはいえ、肥大した承認欲求は抑えられないようで、Xやらインスタやらでの発信は怠らず。この4月、ついにはXで〈先日、夫婦を卒業しました。友人になりました。わたくし事ですが、三浦姓を選びましたのでお知らせいたします〉と離婚を発表した。

「夫婦卒業ねえ。夫婦って卒業するものだっけ」などという疑問はさておき、「とにもかくにも離婚で禊は済みました。心機一転、リスタートします」と宣言しているように思えた。

 それから2カ月。6月15日早朝の「週刊フジテレビ批評」を見ていたら、一瞬、サブリミナルのように彼女が映ったのだ。この日はその週のメディアニュースとして、「フジテレビ6月の番組審議会」の模様を流していた。議題は「Live News イット!」について。ノンフィクションライターの最相葉月氏や、放送作家・脚本家の小山薫堂氏ら委員が発言する中、発言の様子は映されなかったものの、他人の言葉を退屈そうに聞いている三浦氏の姿を、カメラが捉えていた。

 スーツやジャケットの人が多い中で、ひとりだけ黒のノースリーブで二の腕丸出し。何があっても、何を言われても気にせず、番組審議員を続けていたとは! 「鋼のメンタル」としか言いようがない。このぶんだと「朝生」復帰は時間の問題だろう。

 三浦のしれーっと復帰術を、アンジャッシュ渡部建に伝授してやってほしい。実は渡部、6月21日の「5時に夢中!」(TOKYO MX)にゲストコメンテーターとして出演するのだ。先週、そのことが告知されると、ネット界隈ではブーイングの嵐が吹き荒れた。「渡部を出すな」と吠えているのだ。

 例の「多目的トイレ不倫」から4年、それでもまだ「出すな」と騒がれ続けている。そんな渡部に三浦氏の鋼のメンタルがあれば、そんな声にめげることなく、番組に出られるはずだから。三浦氏の動向と、渡部の「5時に夢中!」出演、どちらも目が離せない。

(堀江南)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】