芸能

田中理恵、「おへそチラっと見せ」罰モノマネ姿に“R-1で2回戦はいける”の声!

 元体操選手の田中理恵のYouTubeチャンネル〈田中理恵RIE TANAKA〉では、美女アスリートを招いて異種スポーツ対決に挑むといった「美の競演」が見ごたえがあることも、さることながら、敗戦後の田中の罰ゲームにも視聴者の注目が集まっているようだ。

 今年の6月29日投稿回では、元バドミントン選手の潮田玲子と、その夫で元プロサッカー選手で現在はYouTuberでもある増嶋竜也を招き、「トランポリン」「後ろ回り」「リフティング」の3本勝負。結果、1勝2敗で田中が負け、罰ゲームでお笑いタレント・小島よしおのハイテンションものまね、「おっぱっぴー!」を披露した。

 7月2日投稿回では、元フィギュアスケート選手の浅田舞を相手に「バランス」「トランポリン」「ツイスター」対戦。またも敗戦した田中は、「朝一に全力で元気に鳴くニワトリ」との浅田のお題に応え、やはりハイテンションでニワトリの鳴きまね。

 そして、8月28日投稿回〈田中理恵と稲村亜美!身体能力が高いのはどっちだ!?【超人的体操バラエティーリエスタ】〉「神スイング」で知られるタレント・稲村亜美を招いて勝負した。

 ところが、やはり負け越した田中。恒例罰ゲームとして、今度は、CMでもお馴染み、人気急上昇中の男女お笑いコンビ「Everybody(エビバディ)」のリズムネタ「クリティカルヒット」を、おへそチラっと見せの艶っぽい衣装で演じたのである。

 元気いっぱいにやりきった後、「恥ず~…」と照れ笑いを見せた田中だったが、視聴者からは、〈理恵さんリエスタやり始めてからだんだんモノマネ吹っ切れてやれる様になってきましたね笑〉〈田中さん残念でしたが、罰ゲームがいつも田中さん可愛いから〉といった視聴者の高評価コメント。そのほかには、〈最後のモノマネでR-1の2回戦くらいまで行ける思いますで!〉とのコメントも届いた。

 もはや喜んで負けているようにも見える田中。そのうち、さらにはじけたモノマネに磨きがかかり、ピン芸人ナンバーワンを決める「R-1グランプリ」に本当に挑んだりする可能性も出てきたか!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
プーチン×金与正「殺人兵器ビジネス」で電撃合体(2)北朝鮮が参戦すれば大戦に