芸能

小芝風花、ドラマ視聴率イマイチでもファンは「大満足!」高評価の理由

 Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がW主演したドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)の最終回が9月14日に放送され、世帯平均視聴率が番組最高の8.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 同ドラマは韓国の人気ドラマの日本リメイク版で、小芝は才色兼備の美少女からアラサー無職となったヒロインを演じた。

「最終話では番組最高の数字を出しましたが、全編を通して一度も二桁は達成しておらず、連続ドラマとしては決して成功とはいきませんでした。しかし、小芝ファンの思わぬ収穫は、彼女のバストが強調されまくった点でしょう。彼女はこれまでにも数々のドラマや映画に出演してきましたが、どちらかというと真面目な役柄が多く、決して目立つ存在ではありませんでした。しかし、ここ最近はコメディエンヌとしての才能を発揮し、思い切りのいい演技が評判。そんな中で今回のドラマでは、胸をゆさゆさと揺らしながら走るシーンなど、全身を躍動させるシーンにファンが釘付けになっていて、視聴率の下支えになったようです」(テレビ誌ライター)

 ネット上では小芝について、「最終回面白かったね。濃厚なキスシーンもイヤラしかったな」「小柄でスレンダーな子かと思っていたら、実はバスト大きかったんだ。知らなかったわ~」「普通に胸はDカップぐらいあるのでは? ぶるんぶるん揺れまくってたよ」などと絶賛の声が上がっていた。

 視聴率はイマイチだったが、小芝の人気度がさらに上昇したことは間違いなさそうだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
3
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ