社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<秋の花粉症>患者全体の15%が発症。春との違いは「喘息」

 くしゃみや鼻水、目のかゆみがひどくなったら、「秋の花粉症」を疑ってもいいかもしれない。

 花粉は春だけでなく、年中飛散している。秋はイネ科やキク科のブタクサ、ヨモギなどの花粉がピークを迎えるだけに、花粉症にも要注意。患者全体の15%がこの季節に発症し、春の花粉症で悩まされる人にも、症状が出る場合が多い。

 これは春に飛散するスギやヒノキなどの樹木花粉と、ブタクサ、ヨモギなど雑草の花粉は、アレルギーの原因物質となるタンパク質の構造がよく似ていて、「共通抗原性」を持っていることが原因。そのため、春と秋双方の時期に反応してしまうのだ。

 症状の違いは、花粉の粒子の大きさによる。

 春のスギ花粉などは、粒子が大きく鼻の粘膜に止まりやすい。そのため、鼻水やくしゃみなどの症状が多い。

 一方、秋のブタクサなどの花粉は、粒子が小さく、気管支に入り込んでしまい、喘息のような症状を引き起こす場合もある。別名「喘息草」とも呼ばれるゆえんだ。

 一般的に、花粉症は春のイメージだが、その原因には、飛散花粉の距離と時期の関係があると言われており、スギやヒノキの背の高い樹木の場合は、数百キロメートルも花粉が飛ぶが、ブタクサやヨモギなどの雑草の飛散距離は、せいぜい数キロメートル~遠くても数十キロメートル程度だからだ。

 予防法は、洗濯物を外に干さない、花粉がつきにくい衣類を着る、花粉飛散量の多い時間帯の外出は極力控えたり、内服薬を飲むなど、春の花粉症とほぼ同じだ。

 毎年この時期に、くしゃみや鼻水が出たり、鼻がムズムズしているなどの症状がある人は、病院で一度アレルギー検査を受けてみたほうがいいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張