政治

東国原英夫 橋本徹の「維新解体クーデター構想」を暴露(2)

20140102_0109i

 インタビュー翌日に提出された辞職願は、即日受理され、維新の候補者が繰り上げ当選となった。この1年で東国原氏は維新らしさが喪失していく様を目の当たりにしたという。

 日本維新の会では、石原慎太郎共同代表(81)をはじめとする旧太陽系議員と、橋下徹共同代表(44)の下に集った議員との対立が報じられている。離党の背景には、この確執があったという。

 大阪維新の会では、政党にはいろんな意見があるだろうから、それをぶつけて、熟議して議論を尽くして、最後は多数決で決めましょう。これが、もともと我々が立ち上げた大阪維新の会の文化でした。

 ところが、党の最高意思決定機関の8割は、旧太陽系の方たちが占めており、ここで決まったことが政党で決まったことになっています。永田町に長年住んできた、老練で老獪なあの方たちにとって、多数決なんて論外なんですよ。

 これが永田町の政治なんだと思いました、旧態依然とした政治だと。いちおう意見を言えよ、あとは総務委員長あるいは、役員・幹事長が引き取って我々が決めるからというのが、永田町の論理でした。

 それを壊すために日本維新の会は「維新」だったわけです。そこに期待して票を集めたのに何もできませんでした。

 永田町の妖怪たちが、党を牛耳ることを横目で眺めていたわけではないと、東国原氏は語る。去る12月18日には、みんなの党から離党した江田憲司衆議院議員(57)らが「結いの党」を結党した。この動きと、自身の辞任は連動しているというのだ。

 みんなの党、維新、民主党の一部で作った「DRYの会」という勉強会がありました。この会は新党立ち上げをイメージした会で、現在では「新世代研究会」になっています。数カ月前からこの会のメンバーには、13年12月に維新が分離・分党しなければ、離れると伝えていました。

 新党立ち上げの中心人物が柿沢未途(衆議院議員=42=)さんで、それがみんなの党代表の渡辺喜美(衆議院議員=61=)さんの逆鱗に触れて党を追い出されました。それが「みんな」に火をつけ、江田さんの蜂起につながった。

 新党を立ち上げる場合、最初に出た人間が主導権を握れるので、最初に行動しなければならなかったのです。だから、僕は、その前からずっと維新も行動すべきだと主張してきたのですけど、なかなか維新が行動しない。じゃあ、柿沢さんみたいに自分が出ることが刺激になり、あとに続けられればと思って、出たのです。

 新党の研究会に加わっていた維新のメンバーは20~30人います。その人間たちは当然、旧太陽と分離しようと思ってやっていますが、現時点で分離・分党できていません。

 しかし、維新の分離・分党は共同代表である橋下徹大阪市長への裏切り行為でもある。離党に至るまで、2人の関係が劣悪なものとならなかったのか。

 橋下さんのリーダーの資質や期待感は今でも変わっていません。しかし、組んだ相手が悪かった。橋下さんが国会議員として東京にいて、国会議員団に加わっていたら、話は変わっていたと思います。橋下さんには大阪都構想があるので、あと2年は大阪に張りつかないといけないという運命のいたずらもありました。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは