政治

東国原英夫 橋本徹の「維新解体クーデター構想」を暴露(3)

20140102_0109j

 辞める時に橋下さんと争ったことなどはまったくありません。離党を伝えると慰留されて、「辞めないでください、これから新党を立ち上げるために骨を折ってください、尽力してください」と言われましたが、僕は「限界ですわ」と答えました。そして、「一回僕は腹を切ります、もし来年、橋下さんが立ち上がるようであれば、応援させていただきます」とだけ言い残しました。

 離党したら法的には新党には参加できるのですが、橋下さんに言われたのは「江田さんのところに行ってくださいよ」ということでした。とんでもない党首でしょ(笑)。自分の党から離れるのはいいけれども、辞めないで江田さんの党に行ってくれって。「分離・分党後の新党立ち上げの架け橋になってください。そういう選択肢もありますよ」と言われました。

 最後には、政治家の出処進退は個人の思いを尊重するということで納得してもらいました。橋下さんは「わかりました、今後も長いつきあい、深いつきあいをお願いします」ということでした。だから円満です。

 太陽系の人たちとも円満なんですよ、表面上は(笑)。

 党首みずから“クーデター”を勧めるという仰天行動からわかるのは、橋下共同代表が現在の「維新」に不満を持ち、分離・分党を図っているということである。辞職した東国原氏には職務放棄という批判の声もあるためか、都知事選に関してはノーコメントを貫いたが、出馬の可能性もゼロではなさそうだ。

 外から「投げ出した」と言われますが、自分の中では整理できています。この1年は10年に匹敵する勉強ができました。政治家としての目標は、自立型の分権国家の樹立、最終的には道州制度が目標です。その実現のために国政をやって本当によかったと思っています。

 今後の選択肢としては、まず評論家として世論を盛り上げていくというのが一つあります。消費税、社会保障、特定秘密保護法案は世論的に盛り上がるのに、地方分権は本当に盛り上がらないですから。

 分権運動の一つが大阪都構想です。これをやるためには国・地方の両輪でやっていかなければならないと思っています。地方から中央解体と言いながら失敗を繰り返していますが、それくらい霞ヶ関の抵抗は激しいのです。分権運動のためには地方首長になることも選択肢としてはあります。

 ですが、政治に関わるとしたら、やっぱり新党ですね。江田新党が立ち上がり、そこに維新が何人か合流する。そうしたら、アドバイザーでも顧問でも、政策スタッフでもいいので、浪人という立場でプレーヤーとして参加できればと思います。それは橋下さんにも言っています。道州制実現の第一歩である大阪都構想は来年ですから、何らかの形で応援するとも伝えています。

 将来のビジョンもなく、ノープラン、ノーマネーです。お仕事いただける方がいたら、どうぞよろしくお願いします。生活を維持していかなければなりませんから(笑)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!