芸能

山崎弘也でテレ東・街道歩き旅が復活!「ぬるすぎ変化」に視聴者困惑

 テレビ東京の人気旅シリーズ「街道歩き旅」が10月30日放送の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)でついに復活を果たした。

 同シリーズは甲州街道や中山道など有名な街道を踏破する旅。5人前後のタレントが駅伝方式で6日間で100km近くを歩き通す。厳しい旅が多いテレ東旅番組の中でもトップクラスの過酷さを誇っていた。だが、復活した今回は以前とは比べものにならないほど簡単になったと評判だ。

 今回もゴールまで約100kmの長い道のり。歩きだけなら非常に困難だが、なんと今回からバスを利用することができるようになった。

「道中の宿場町でミッションをクリアしてゲットしたお金の範囲内でバスに乗れるという規制はありましたが、バスに乗れるというだけで旅はかなり楽になります。しかも特別ルールで1回だけタクシーを利用できるようになりました」(テレビ誌ライター)

 これまでなら100kmを6日間かけて踏破していたが、今回はわずかに1泊2日。それだけバスに乗ったという証拠で、いかに楽になったかがよくわかる。

「旅に挑んだアンタッチャブルの山崎弘也は道中でつらそうな表情を見せていましたが、後半はほとんどバスに乗っていたのでかなり楽だったはず。これで街道歩き旅と言われても、視聴者は納得がいかないでしょうね。『これでは街道バス旅だ』という意見も出ています。ただ、新型コロナウイルスの影響が残る中、やむなく1泊2日にしたのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 だとすれば、本来のルールで街道歩き旅が復活するのはいつの日か。コロナ禍から脱する日が待ち遠しい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言