芸能

米倉涼子も知らない「第2ドクターX」極秘オーディション(4)今田美桜は高評価も身長がネックに

 第7期のレギュラー出演陣では今田美桜(24)がリスト入り。前シリーズから津軽弁が特徴の看護師役で登場している。

「本来であれば第6期だけの出演予定で、前作の最後に実家の青森に帰る設定でした。しかし、スタッフの間で評価が高く、新作でも出演が決定。津軽弁も大幅に減って、ほぼ標準語で話すようになり、看護師としてもどんどん成長して存在感を増しています」(テレ朝関係者)

 今田の続投が決まったのは、人気に便乗する狙いもあるようで、

「今年前期のNHK朝ドラ『おかえりモネ』に、気象予報士の神野マリアンナ莉子役で出演すると、主人公を食うほどの人気を見せました。朝ドラなので露出は控え目ですが、衣装の上からでも巨乳が目立ち、美貌と合わせてSNSで話題になることが多かったんです。若手女優の中で頭一つ抜けたことで、『ドクターX』側も放っておくわけにはいかなかったのでしょう」(芸能プロ関係者)

 それでも最大のネックとなるのは、157センチという身長の問題だろう。手術シーンは高身長のほうがテレビ映えすることもあり、今のところ人気は捨てがたいので、当落線上ギリギリといったところだ。

 今年1月には高畑充希(29)が「にじいろカルテ」でテレ朝の連ドラ初主演を飾り、「ドクターX」と同じ木曜21時枠を任されている。

「村の診療所に勤める内科医という医療モノの作品で、全話で二桁視聴率をキープしました。とはいえ、『ポスト米倉』と呼ばれるまでにはならなかった」(芸能記者)

 身長も158センチで、女医向きとは判断されなかったようだ。

 一方、色気なら米倉に負けないとぶるんぶるん胸を揺らして自ら立候補するのは、テレ東出身のフリーアナ鷲見玲奈(31)だ。

 新シリーズの第4話で、極秘入院した人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀かなめ)のライバル女優・早水楓役で登場したことも。

「あざとい台詞が用意され、憎たらしい役を熱演していました。鷲見は女優願望が強く、かなり気合いが入っていましたが、セリフ棒読みの大根ぶりに、ネット上での評価は厳しかった」(芸能記者)

 ドラマは中盤に差しかかったばかり。水面下で繰り広げられる「第2ドクターX」の極秘オーディションは、この先もまだまだ続く。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは