スポーツ

大谷翔平も驚く!?広澤克己が提案する視聴者も激賞“新二刀流”の中身とは

 ヤクルトで活躍した元プロ野球選手であり、後に監督として指揮も執った古田敦也氏のYouTubeチャンネル〈フルタの方程式【古田敦也 公式チャンネル】〉に、ヤクルト、巨人、阪神のセ・リーグ人気3球団を経験した元プロ野球選手の広澤克己氏が出演(11月9日付け投稿回)。今シーズン、二刀流として大きく注目を集めた大谷翔平だが、広澤氏の“新たな二刀流”とでも言うべき提案に、視聴者同意のコメントが相次いだ。動画で広澤氏はこう語る。

「アメリカって、学生は野球やってても、この時期(冬場)、アメフトやるのね。その後、バスケットやったり、1年間いろんな競技やってるのね」

 それは、例えば小学生から野球を始めたら生涯野球というのではなく、

「将来ね、プロ野球選手だけど、オフはバスケット選手だよって、日本にも出てきてほしいの。そういう二刀流!」

 とのこと。1つの競技におさまるのではなく、多競技の二刀流選手の出現に思いを馳せたのだった。

 この、大谷が聞いたら驚くかもしれない新たな「二刀流」の提案に、視聴者からは、〈広沢さんの二刀流論は本当にいいと思う。本人がやりたいなら三刀流でも四刀流でも好きなだけさせてあげればいい。〉〈広沢さんに賛成です。たくさんの指導者や友達と出会う為にも複数の部活を行き来出来るようになってほしい。〉など同意のコメントを集めた。

 余談だが、YouTubeでチャンネル登録者を増やす方法の1つに、「投稿頻度」がある。これは、接触回数が増えるほど好印象を持つようになる心理現象であり、心理学では〈ザイオンス効果(単純接触効果)〉と呼ばれている。

 思えば、今シーズンの大谷は、登板の無い日にも代打で出場…とファンにとって目にする機会が多かったのは確か。それが1年中となれば、ザイオンス効果もなお高まるところ。広澤氏の提案に応える若者が、いずれ現れる日が近いかも?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」