芸能

やはりアノ疑惑が原因!?絶大人気の優里が「紅白落選」でネット民が原因討論

 NHKは11月19日、東京・渋谷の同局で、大みそかの「第72回紅白歌合戦」の出場者発表会見を行った。

 初出場は俳優で歌手の上白石萌音や、デビュー15周年を迎える男性アイドルグループのKAT─TUN、男性4人組ロックバンドのDISH//、シンガーソングライターの平井大など10組。白組では4年連続で出場中だったHey!Say!JUMPをはじめ、Kis-My-Ft2らの出場がならなかった。また、人気、実力、実績すべてを兼ね備え、十分に参加枠に入れそうなOfficial髭男dismは辞退したとのこと。

 そんな中、ストリーミング再生回数4億回を突破した大ヒット曲「ドライフラワー」を持つシンガーソングライターの優里が出場を逃し、紅白の選考基準に疑問の声を上げる若者も多い。

「彼の代表曲『ドライフラワー』はビルボード・ジャパンの総合チャート『HOT 100』にて21年上半期の第1位を獲得。JOYSOUNDの21年カラオケ上半期ランキングでも1位に輝いていますし、若者たちの間では今年の顔とも言えるアーティストです。ただ、紅白のみならず、年末恒例の『第63回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の優秀作品賞入りも逃しており、ファンは落胆しています」(エンタメ誌ライター)

 そんな優里の落選については「出れない原因は素行の悪さ1択だろ」「やっぱり3股の影響がデカいんだろうな」「NHKはスキャンダルとかその辺厳しいからね」と、冷静に分析する声も見受けられている。

「優里は今年2月にハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ・Juice=Juiceに当時所属していた高木紗友希との半同棲が報じられるも、すぐに同時進行で2人の女性とも交際していた“3股疑惑”が発覚。既婚者ではないものの、このスキャンダルで高木は責任をとり、グループの脱退およびハロプロでの活動も終了することを発表。3月末には所属事務所との契約も終了しています。一方の優里は騒動を完全にスルーし、高木が活動終了を発表した同じ日に人気音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初登場し、何食わぬ顔でパフォーマンスしていたこともあって、一部のアイドルファンからの印象はすこぶる悪いんです。今年の活躍という点では申し分ないものの、紅白の選考基準には世論の支持という点も含まれますから、それなりにアンチが多いこともあって、今回は外されてしまったのでは?」(前出・エンタメ誌ライター)

 とはいえ、この日、発表された出場アーティストは紅組22組、白組21組で、白組だけ1枠足りておらず、同局の一坊寺剛チーフプロデューサーは「ご想像にお任せしつつも、最終的には整った形になるべく設定していく」とコメントしていた。

 落選後の反響を考慮して、優里のサプライズ選出もあったりするのか?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫