芸能

倉科カナ、桜井木穂、伊織もえ、本郷柚巴…2021年を彩った「巨大バスト美女」たち

 今年も新型コロナウイルスの影響で、なにかと制限を強いられる日々が続いた。そんななか、我々男子にひと時の安らぎとタギリをもたらしてくれたのが巨大バストの美女たちだ。

 9月に発売された「anan」で衝撃の肢体を披露してくれたのは女優の倉科カナ。

「肘まであるオレンジのニットグローブでバストトップを隠し、笑顔を見せる表紙は強烈なインパクト。大きさ、柔らかさを容易にイメージさせる女性的な美しさに、ネット上には男性はもちろん、女性からも絶賛の声が多数寄せられていました。今年を代表する、大きくてキレイなバストと言えるでしょう」(週刊誌記者)

「ミスマガジン2006」でグランプリに選ばれ、豊かなボリュームのボディを披露していたものの女優としての活動が本格化し、水着は卒業していた倉科。久しぶりに見せたボディは、艶やかさはあの頃のまま、大人の女性の優しさ、柔らかさ、そして強さも表現できるものへと進化していたのだった。

 本業のグラビア界では旋風を巻き起こしたのがこの2人。

「桜井木穂は100センチバストにウエスト58センチという二刀流でグラビア各誌を席巻。伸びしろも十分で、2022年、ますます活躍することは間違いないでしょう。また、同じく100センチバストの藤乃あおいは昨年11月に1stDVDをリリースすると、その年のイメージビデオ売り上げ1位に躍進。今年も勢いはそのままで、リリースした4本のDVDは好リリースを記録しました」(グラビア誌編集者)

 他にも、コスプレイヤーでは伊織もえが漫画誌の表紙をジャック。アイドル界ではNMB48の本郷柚巴が4月に水着を解禁し、掲載された漫画誌は売り切れ続出したそう。

 12月3日に発売された「アサ芸Secret! Vol.73」では、女優、グラビア、歌手。女子アナ、アスリート、お笑い芸人まで、今年を賑わせた巨大バストの美女たち100人をランキングする恒例企画を実施している。

 あなたの推しは何位に?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題