芸能

「たかじんとたけし」東西帝王の酒場交流“涙”秘話(3)

 たけしは「たかじんnoばぁ~」には96年7月6日放送の最終回にも出演しているが、大阪での飲食やクラブの接待を条件に、いずれもノーギャラで出演したという。

 番組の中でたかじんは、

「『あんたのギャラなんか制作費で無理や』言うてやったわ」

 と、うそぶいていた。とはいえ、たかじんの死後、情報番組「せやねん!」(毎日放送)で、トミーズ雅はたけしが出演した前述の最終回で、たかじんが朝の3時半まで接待しただけではなく、別れ際にたけしの弟子にポケットマネーで200万円を手渡した秘話を明かしている。

「ギャラをいらんと言うたけしさんも、それを意気に感じてポケットマネーから(200万円を)渡したたかじんさんもすごい。たかじんさんは“生きた金”を使う人やった」

 しかも、初対面の時こそ、萎縮したようにハシゴ酒を抑えていたたかじんも、後年は完全に勢いづいたようだ。

 1月11日に放送された「たかじん胸いっぱい」で、ガダルカナル・タカ(57)は同番組に師匠が出演した時の接待模様をこう語っている。

「1つの店、15分ぐらいでボンボン空けていって、次から次。でも、たけしさんがだんだん疲れてくる。一方、テンションMAXのたかじんさんが、『次行きましょう、次行きましょう』なんだけど、歌を1コーラス歌ったぐらいで寝ちゃったんです。で、たけしさんが小さくガッツポーズ。『寝たな。とりあえず逃げるぞ』って言って、カラオケ屋からうどん屋に逃げたんです。『ひどい目にあったな』って話しながらうどんを食べ終わって帰ろうとした頃、ドタドタって足音がして、たかじんさんが『見つけた~』って(笑)」

 逆に、たかじんが東京に来て、たけしがもてなすケースもあったという。

「たかじんさんの上京に合わせて、たけしさんがわざわざ店をセッティングしたこともあったみたいです。それなのに、たかじんさんが悪ふざけをしてたそうで、それだけ関係が良好だったのでしょうね」(都内の飲食店関係者)

 そんな2人に似ているところがあるかどうか、洋七に聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「それはないね。たかじんは生真面目ですよ、たぶん。だから、酒飲みだったんだろうね。心配事が多かったと思う。どうでもなるようなタイプちゃうもん。考え方が繊細やから、酒飲んでワァ~となるし、『人気がいつまで続く?』みたいなのもあったんだと思うよ」

 一方、「たかじんnoばぁ~」の最終回では、たけしが自分の“事件”を話題にしてこんな発言をしている。

「俺、ヘタすると自殺したかと思ったんだよ。自己破滅型だから。(たかじんを指さして)ちょっと似てるとこあるから。この番組だっていいのに潰すでしょ。俺もね、仕事やってりゃいいのに、パッとやって自分で(フライデー事件で)講談社に殴り込んじゃうんだよ。壊しちゃうんだよ。壊さないと、自分が生き返るって気がしないの」

 その時、たかじんは強く同意していた。

 もしかすると、西の帝王の座を捨てて、東京に向かおうと考えていたのかも‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!