芸能

能年玲奈の深刻な“あまロス”症候群

 岩手県の達増(たっそ)拓也知事(49)が大ヒットした朝ドラ「あまちゃん」の続編をNHKが検討中であることを明かしたのは23日のことだった。

 昨年大晦日の「第64回NHK紅白歌合戦」でも、話題をかっさらったのは「あまちゃん」の特別コーナーにほかならない。視聴率はコーナー開始とともに上昇し、15分間で40%台から一気に50%にまでハネ上がった。

 ヒロイン・天野アキを演じた能年玲奈(20)は紅白PR大使も務めたことから、リハーサル段階から大忙し。それでも待ち望んだ“あまちゃんファミリーの再集結に胸躍らせていた。NHK関係者が語る。

「昨年12月29日にNHKホールで行われた出場歌手のリハーサルを見にお忍びで来場し、ステージを食い入るように見つめていました。楽しそうにリハーサルはしているんですが、出番を待つステージ上では、途端に天野アキから能年玲奈に戻ってしまうんです。猫背で口は半開きで、手はモジモジして落ち着きがない。挙動不審でしたね。1度、ステージの左端に紅組司会の綾瀬はるか、右端に能年が立ち“天然ツートップ”が並び立ったと話題になりました」

 母親の天野春子を演じた小泉今日子(47)は同30日にサングラス姿で髪をかき分けながら颯爽とNHK入り。その際には同局の会長を筆頭とした重役クラスが横一列に並んで“お出迎え”という。能年は記者から感想を求めても、しばしフリーズし、なかなか言葉が出てこなかったという。ところが、「アキちゃん、紅白はどうでしたか?」と聞かれるや、様子が一変! 間髪いれず

「おら、楽しかっただ!」

と大きな声で答えたのだ。ある芸能関係者が語る。

「能年さん本人が1番の“あまロス患者”と言われていますが、それも納得。彼女は9日付のブログで『紅白歌合戦、まだ余韻が残っています』とつづり、『ママ(小泉)も鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)もかっこよくて、GMTアメ女と潮騒のメモリーズも楽しくって録画を見直してます』と、“あまロス”が再発したことを告白しています」

 今夏にはヤンキー学生に扮する主演映画「ホットロード」の公開が迫っているが、この調子ではその撮影にも支障をきたしそう。冒頭の知事発言をもっとも喜んだのは能年本人かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開