スポーツ

石毛宏典が新庄剛志監督に大疑問!就任会見で引っかかった「ひと言」とは

 ダイエー、ソフトバンクを2度の日本一に導いた王貞治監督にとって、栄華とは対極的に、たびたび忘れられないエピソードとして取り上げられる「生卵事件」。監督就任当初は「王フィーバー」に沸いたダイエーだが、1年目の1995年は5位、翌96年も出足は鈍く、近鉄バファローズ戦に敗れた試合後、選手が乗り込んだバスに向かって次々と生卵がぶつけられるという事件が勃発。この年も最下位に沈んだ。

 このほど北海道日本ハムファイターズの監督に就任した新庄剛志氏の会見での発言から、その「生卵事件」がよみがえり、不安を口にする人がいた。主に西武ライオンズで活躍し、95年、96年はダイエーに籍を置いた石毛宏典氏である。元巨人の槙原寛己氏を自身のYouTubeチャンネル「石毛宏典TV」の12月21日付け投稿回に招いた際、その指摘は飛び出した。

 石毛氏が懸念する新庄監督の発言とは、「優勝を目指さない」宣言。自身が「生卵事件」をナインの一人としてリアルに体験していることから、「プロ野球って結果が求められるじゃん?」「勝てなくても楽しければいいのか日本ハムのファンは?」と疑問を投げかけた石毛氏。これに槙原氏は、日本ハムファンは数年のスパンで新庄監督に託すのではないかと予想していた。

 もっとも石毛氏は、大谷翔平がMLBに旅立ち伸び伸びと楽しそうにプレーしている姿を見せていることから、新庄監督の奇抜な言動が、長らく根付いていた日本プロ野球の堅苦しさを払拭してくれるのではないかとも発言している。

 様々なOBの見解も興味深い、新庄監督の言動。少なくとも、日本ハムは話題に事欠かない1年になるに違いない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」