スポーツ

新庄監督とあの「孤高の三冠王」が電撃合体!?プロ野球22年の「核心証言」

 年末年始もきらびやかなメディア出演が続く新庄剛志監督(49)には、前途多難な22年シーズンが待ち受けている。

「『ノーテンダー』で大田泰示(31)と西川遥輝(29)が移籍したのは非常に痛い」と、同情の意を込めて語る野球評論家の伊原春樹氏によれば、球団の方針とはいえ、主力の移籍には「新庄も頭を抱えたんじゃないでしょうか」とし、自身も、西武で2回目の監督就任時に主力選手が移籍していったことで「苦労しました」として、こう振り返る。「球団に慰留をお願いして、『わかりました!』と元気の良い返事をもらっていたにもかかわらず、涌井秀章(35)、片岡治大(38)、助っ人のサファテ(40)、ヘルマン(43)が他球団に散り散り移籍。構想を練り直すハメになりましたからね」

 さながら焼け野原と化した日本ハムを助ける救世主として、にわかにコーチ就任が囁かれているのが、「平成唯一の三冠王」こと松中信彦(47)である。スポーツ紙デスクが解説する。

「昨年は春季キャンプからロッテの臨時打撃コーチに就任。安田尚憲(22)や山口航輝(21)ら若き大砲を指導しましたが、いずれも大成せず。そのままシーズン終了をもって、コーチ契約を打ち切られました。懇意の九州メディア関係者伝手で、プロ野球への就職活動を続けていますが、選手時代の素行不良が尾を引いて、どこの球団もオファーを出しません」

 そんな孤高の松中を現役時代から買っていたのが新庄監督だったというのだ─

 1月4日発売の「週刊アサヒ芸能」1月13日号では、タレントと監督の二刀流を続けるBIGBOSSの救世主に浮上した頼もしい援軍の情報にくわえ、巨人原辰徳監督(63)に“謀反”を企てる愛弟子の存在など、22年シーズンのトラブルメーカーを大予測している。一見、物静かなストーブリーグの裏側を忖度なくレポートしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
2
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!
3
TBS良原安美が薄生地スカート張り付き事故!浮かび上がった「意外な下腹部のカタチ」
4
松本人志が「バス旅番組」にモノ申す!「蛭子・太川を越えられない」で変わる勢力図
5
松井と高橋由にもうひとり…投高打低のプロ野球界をあざ笑う「90年代の巨人は3割30本を3人」の超重量打線