芸能

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第4回>海援隊(3)

20140130m

〈二十歳になったばかりの僕は 別れた女を責めながら いっそ死のうと泣いていた 恋は一度と信じてた〉

 武田の自伝的な歌詞で、映画化・ドラマ化もされた代表作が「思えば遠くへ来たもんだ」(78年9月)である。オリコンの100位以内にランキングされることはなかったが、隠れたロングセラーと呼べる。

「今でも海外で赴任生活を送る方から『現地のカラオケでこれを歌っては涙する』と言ってもらえますね」

 作曲した山木が感慨深げに言う。筆者にとって、77年10月に熊本・天草で「初めて見たコンサート」がふきのとうであった。とりわけ、デビュー以来の大ヒットとなった「風来坊」を披露すると、場内が大歓声に包まれていた。

「いい歌を作ったなあ」

 事務所の先輩である武田は素直に山木を称賛した。さらに──、

「武田さんに『ああいう感じの曲を俺にも書いてくれよ』と言われたんですよ。その数日後には武田さんの詞ができて、電話口で聞かせてもらい、すぐにメロディが浮かびました」

 武田の詞は基本が「七五調」であるため、曲が乗せやすかった。出来上がった曲を持って恵比寿にある武田のアパートに行き、そこで歌ってみせた。

「台所にいた奥さんが『あら、いい歌ね』と言ってくれて、初めてプロになった感じがしましたね。あんなに美味しいビールを飲んだのも初めてでした」

 ふきのとうがデビューしたばかりの頃、海援隊のステージには圧倒された。観客とのキャッチボールであったり、曲名を告げただけで拍手が起こる場面などは、山木にとって指針となった。

 また札幌出身のふきのとうにとって「博多の絆」も魅力だった。70年代半ばには中島みゆきや松山千春ら「北海道発」も増えてくるが、当時は差を感じた。

「東京からの距離は札幌も博多も変わらないけど、向こうは関門海峡を越えることに『負けて帰れない』という意識が強い。それに博多の放送局の人たちが、自分の子供のようにアーティストを可愛がって食事に連れていく。とてもうらやましかったです」

 山木は武田のソロも含め、多くの曲を海援隊に提供している。そして山木がうらやましいと感じた博多のディレクターたちは、海援隊が「贈る言葉」(79年11月)で再び脚光を浴びるまでの不遇時代も支え続ける。

 TNCの藤井は、少しでも収入になるならと海援隊の営業を入れた。

「デパートの屋上とか、博多どんたくのお祭り会場とか、たびたび呼んだよ。武田には『たまには屋根のある会場に呼んでください』と冗談を言われたけどね」

 RKBの野見山に定年が近づくと、まず武田が「もうすぐですよね」と聞いてきた。天神にある行きつけのスナックでのことだ。誰にも言っていなかったのに武田が音頭を取り、その輪はやがて陽水や財津和夫、甲斐よしひろも巻き込んで「福岡ドームのこけら落とし」につながった。

 野見山が渡した「東京地図」は海援隊を迷子にすることなく、故郷に凱旋させたようだ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美