芸能

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第4回>海援隊(3)

20140130m

〈二十歳になったばかりの僕は 別れた女を責めながら いっそ死のうと泣いていた 恋は一度と信じてた〉

 武田の自伝的な歌詞で、映画化・ドラマ化もされた代表作が「思えば遠くへ来たもんだ」(78年9月)である。オリコンの100位以内にランキングされることはなかったが、隠れたロングセラーと呼べる。

「今でも海外で赴任生活を送る方から『現地のカラオケでこれを歌っては涙する』と言ってもらえますね」

 作曲した山木が感慨深げに言う。筆者にとって、77年10月に熊本・天草で「初めて見たコンサート」がふきのとうであった。とりわけ、デビュー以来の大ヒットとなった「風来坊」を披露すると、場内が大歓声に包まれていた。

「いい歌を作ったなあ」

 事務所の先輩である武田は素直に山木を称賛した。さらに──、

「武田さんに『ああいう感じの曲を俺にも書いてくれよ』と言われたんですよ。その数日後には武田さんの詞ができて、電話口で聞かせてもらい、すぐにメロディが浮かびました」

 武田の詞は基本が「七五調」であるため、曲が乗せやすかった。出来上がった曲を持って恵比寿にある武田のアパートに行き、そこで歌ってみせた。

「台所にいた奥さんが『あら、いい歌ね』と言ってくれて、初めてプロになった感じがしましたね。あんなに美味しいビールを飲んだのも初めてでした」

 ふきのとうがデビューしたばかりの頃、海援隊のステージには圧倒された。観客とのキャッチボールであったり、曲名を告げただけで拍手が起こる場面などは、山木にとって指針となった。

 また札幌出身のふきのとうにとって「博多の絆」も魅力だった。70年代半ばには中島みゆきや松山千春ら「北海道発」も増えてくるが、当時は差を感じた。

「東京からの距離は札幌も博多も変わらないけど、向こうは関門海峡を越えることに『負けて帰れない』という意識が強い。それに博多の放送局の人たちが、自分の子供のようにアーティストを可愛がって食事に連れていく。とてもうらやましかったです」

 山木は武田のソロも含め、多くの曲を海援隊に提供している。そして山木がうらやましいと感じた博多のディレクターたちは、海援隊が「贈る言葉」(79年11月)で再び脚光を浴びるまでの不遇時代も支え続ける。

 TNCの藤井は、少しでも収入になるならと海援隊の営業を入れた。

「デパートの屋上とか、博多どんたくのお祭り会場とか、たびたび呼んだよ。武田には『たまには屋根のある会場に呼んでください』と冗談を言われたけどね」

 RKBの野見山に定年が近づくと、まず武田が「もうすぐですよね」と聞いてきた。天神にある行きつけのスナックでのことだ。誰にも言っていなかったのに武田が音頭を取り、その輪はやがて陽水や財津和夫、甲斐よしひろも巻き込んで「福岡ドームのこけら落とし」につながった。

 野見山が渡した「東京地図」は海援隊を迷子にすることなく、故郷に凱旋させたようだ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!